ここから本文です

製造物責任法により、製造業者等はその製造、加工した製造物の欠陥につき無過失責...

kok********さん

2017/8/709:05:24

製造物責任法により、製造業者等はその製造、加工した製造物の欠陥につき無過失責任を負うこととなった。

は、問題では間違いなのですが、なぜでしょうか?

閲覧数:
83
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

2017/8/712:30:03

実務的には無過失責任とされていますが、厳密に言えば無過失責任ではないからです。

実際、製造物責任法4条には「科学又は技術に関する知見によっては、当該製造物にその欠陥があることを認識することができなかった」場合には責任を免除しています。また4条2号には「過失がないこと」という文言もありますね。

ですから、無過失責任ではない、という説明もされています。

製造物責任法
(免責事由)
第四条 前条の場合において、製造業者等は、次の各号に掲げる事項を証明したときは、同条に規定する賠償の責めに任じない。
一 当該製造物をその製造業者等が引き渡した時における科学又は技術に関する知見によっては、当該製造物にその欠陥があることを認識することができなかったこと。
二 当該製造物が他の製造物の部品又は原材料として使用された場合において、その欠陥が専ら当該他の製造物の製造業者が行った設計に関する指示に従ったことにより生じ、かつ、その欠陥が生じたことにつき過失がないこと。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/8/7 12:53:05

ありがとうございます。理解できました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる