ここから本文です

引越しについてです。 冬の結露がひどく、押入れの羽毛布団が結露でガビが生えて...

momokan0031さん

2017/8/819:14:33

引越しについてです。
冬の結露がひどく、押入れの羽毛布団が結露でガビが生えてしまいました。それに気づいてからは、常に開けっ放しにすることでなんとか回避できてます。
母が持たせてくれ

た少し高級な布団なんですが、ガビがひどく使い物にならない状態です。この場合、退去するときに大家さんに請求できるのでしょうか?
ちなみに、フローリングの窓付近も結露でシミができてしまいました。普通に生活してできたシミ等は、貸主負担だと聞いたことがあります。

閲覧数:
53
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mirabakessoさん

2017/8/1214:09:51

結露の原因は、住宅の断熱性能が低い(室温が下がりやすい)・日当たりが悪い等の立地(室温が上がり難い・外気の湿度が高い等)・生活態度(加湿・部屋干し等)等が考えられます。

建物の断熱性能が低いのであれば、室内がどんなに乾燥していても加湿は出来ません。
加湿をすればする程、窓ガラスや押し入れ等の温度が低い場所で激しい結露が起こります。
普段生活している部屋は暖房をしていると思いますので空気が乾燥しますが、そこで湿度を上げる為に加湿を行うと暖房を行っていない温度の低い場所の湿度も上がります。

断熱性能が低い家等で温度が低い場所があるのに加湿や洗濯物の部屋干し等で室内の湿度を上げているのであれば結露は発生します。

大家さんがどの様な見解をするか分かりませんが、建物の状態は把握しているのであれば今迄の入居者と比較されて、今までよりも状態が酷いと判断された場合は「普通に生活してできたシミ等」とは判断されず生活態度の問題と判断されて逆に押し入れ等のクリーニング費用を請求される可能性もあるかも知れません。


断熱性能の低い住宅に住む場合は、結露との戦いになります。
外気の影響を受け難い様に断熱対策を行い各部屋の温度差を無くして初めて加湿が行えます。
室温の低下が止められない場合は加湿自体が行えません。(加湿を行っても湿度は上がらず結露が激しくなるだけです)


詳しい状況が分かりませんので、何が原因か分かりませんが、何かの参考になれば。


> 引越しについてです。
冬の結露がひどく、押入れの羽毛布団が結露でガビが生えてしまいました。それに気づいてからは、常に開けっ放しにすることでなんとか回避できてます。
母が持たせてくれ

た少し高級な布団なんですが、ガビがひどく使い物にならない状態です。この場合、退去するときに大家さんに請求できるのでしょうか?
ちなみに、フローリングの窓付近も結露でシミができてしまいました。普通に生活してできたシミ等は、貸主負担だと聞いたことがあります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/8/1322:44:49

転勤族ですが、海の近い地域、古い物件の1階は、どうしても湿気があります。

除湿機、除湿剤、押し入れの中(壁側)にすのこ…
スチーム式加湿器NGという感じです。

私は湿度の高い日は、エアコンをドライにしています。

除湿剤もクローゼット、靴箱、タンス、洗面所、キッチン等あらゆる所に置いてあり、年に2、3度交換します。
結構水分溜まりますよ。

布団は一度丸洗いに出してみるといいかもしれませんね。
中身の羽毛をきれいに洗って、生地の交換だけしてもらった事もあります。(生協で)

湿気の酷い所は、びっくりしますよね…

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。