ID非公開

2017/8/9 19:01

55回答

お盆休み・夏期休暇を有給扱いする会社本当にあるんですか? 社長がどこかで聞いてきたみたいで、「ほとんどの会社がお盆休みを有給にしている」と。 私自身そんな会社今まで出会ったことがな

お盆休み・夏期休暇を有給扱いする会社本当にあるんですか? 社長がどこかで聞いてきたみたいで、「ほとんどの会社がお盆休みを有給にしている」と。 私自身そんな会社今まで出会ったことがな く、そのような話を聞いて驚き、もしかしたら正当性があるのかもと思い検索してみると違法性があるようで少し安心しました。 取引先の担当者は色々と話してくれますが、その方もそんな会社あるんですか?って驚いていました。 実際に休み=有給の会社存在するんですか? だとするなら日曜日休日の会社なら日曜日も有給扱いにしないと「辻褄が合わない」と思うのですがwどうなんですか?

労働条件、給与、残業6,712閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

日曜日は 法定休日といって労働基準法に従っているのでできません。 但し 夏季(お盆)は法律では決まっていません。 計画的付与という制度がありそれを明記していなければ会社が勝手に有給を決めることはできませんが・・・・・・・・・。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど、色々あるんですね。 検索して違法だって出てきましたが、一応制度で可能ではあるんですね。 皆様方回答ありがとうございました!

お礼日時:2017/8/9 23:36

その他の回答(4件)

1

ほとんどではないですが、 有給って、5日は、会社が指定日としてできます。 この、5日を盆休みに当てる会社はあると思います。 で、会社が一週間に一回休み(日曜日)法定休日は、有給とは関係ないです。 法律上、一週間に一回休みないと違法です。 お盆は法定休日ではありません。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2017/8/9 23:34

7日連勤もアウトということですか。 よく10日連勤自慢してる人いるので不思議に思いませんでしたが、違法なんですね、知りませんでした。

2

あります。 年間休日が120日間と定められているとします。 その会社では、120日間とは別に有給で5日間の夏期休暇を取ります。 皆、取り決めより多い125日間の休みを取っています。 社員の有給消化に協力的な良い会社との評価を得ています。

2人がナイス!しています

0

私は某政令指定都市の市役所に勤務していました。 私の市では、年間20日間の有給休暇があり、別に夏季休暇が7日間ありました。夏季休暇は半日単位で取得可能で、6月15日から9月30日の間に取得可能の有給休暇です。 土曜日曜は休日と言います。 出勤すれば、別の日に振り替え休日を取るか、超勤扱いでした。 PS.民間には、いろんな会社があるのだなあと思いました???

0

有給は労働者が指定するもので会社側がかってにきめてはいけません ------------------- 警察署か労働基準監督署へ行きましょう 労働基準法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO049.html -------------------------------------- 豊田真由子は東大法、厚生省、かろうし、労災、なぜ減らん -------------------------------- (強制労働の禁止) 第五条 使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。 (年次有給休暇) 第三十九条  使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。 ○2  使用者は、一年六箇月以上継続勤務した労働者に対しては、雇入れの日から起算して六箇月を超えて継続勤務する日(以下「六箇月経過日」という。)から起算した継続勤務年数一年ごとに、前項の日数に、次の表の上欄に掲げる六箇月経過日から起算した継続勤務年数の区分に応じ同表の下欄に掲げる労働日を加算した有給休暇を与えなければならない。ただし、継続勤務した期間を六箇月経過日から一年ごとに区分した各期間(最後に一年未満の期間を生じたときは、当該期間)の初日の前日の属する期間において出勤した日数が全労働日の八割未満である者に対しては、当該初日以後の一年間においては有給休暇を与えることを要しない。 六箇月経過日から起算した継続勤務年数労働日一年一労働日二年二労働日三年四労働日四年六労働日五年八労働日六年以上十労働日 ○5  ★使用者は、前各項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。

ID非公開

質問者

2017/8/9 23:34

とりあえず黙ろうか