ここから本文です

中国鉄路高速(CRH)の列車「和諧号」を日本語の文章で「新幹線」とする用法につい...

中国鉄路高速(CRH)の列車「和諧号」を日本語の文章で「新幹線」とする用法について。

この用法は「プラモデル」「セロテープ」「うどんすき」のように本来特定のメーカーの持っている登録

商標を過剰に般化させていると考えてよいものでしょうか。
(尚、「新幹線」はJRの本州旅客3社が旅客輸送サービスを指す商標として現在も権利を有するようです)

またどうしてこういう過剰般化のようにも思える用法が発生しているのでしょうか。

わたくし個人は、台湾高鉄を「台湾新幹線」と称することは、同高鉄が「新幹線」の技術によるものなので引っ掛かりを感じないのですが、市井では200km/h以上で走ることができる列車を捕まえて「フランス新幹線」だの「韓国新幹線」だの「中国の新幹線」と言い慣わしている例があります。

「新幹線のような列車」ならばまだわかるのですが、技術面はとにかく、見た目も全く異なり、単に「高速で走ることができる列車」ということしか共通点がないのに「新幹線」と言い切るのは世間の女性一般をひっくるめて「大和撫子」だと総称しようとしているのと同じくらいの暴挙に感じます。

実は仕事で預かった原稿に、
『上海から南京まで新幹線で云々』
とその「新幹線」という用法があったのですが、新幹線が走っていないはずの江蘇省に「新幹線」を走らせる、「新幹線」とは似ても似つかない和諧号を「新幹線」だと言い切るのは、「王様の耳はロバの耳」と叫びたくもなる心境です。

同僚は「ここに『CRH(中国鉄路高速)』などと注釈をつけてややこしくしたら読む人に読んでもらえない」というのですが、「新幹線」でないものを「新幹線のような列車」ならまだしも「新幹線」と言い切るのも読む人に対して不誠実だと思えるわけです。
確かに「CRH(中国鉄路高速)」なんて書くのも野暮だと思う点では同じ認識ですが…しかしあれは「和諧号」であって「新幹線」ではないわけで。

わかりやすさ、のためにわざと「ウソ」をつく、「ウソも方便」なのはわからなくもないのですが、わかりやすさのための「ウソ」がいわば「その場のお約束」で収まればよいのですが、
「へえ、中国でも新幹線が走ってるんだ」
という「CRH=新幹線」という誤解を読者に植え付けてしまうことになりはしないか、憂鬱です。
ちなみにその冊子の別の個所では、わたくし自身が「和諧号」に乗って車内でケータリングの料理を食べたことを書いています(笑)

単にCRHと新幹線が含まれる大集合である「列車」と書けばここは丸く収まるな、と考えてはいますが、こういう「ウソも方便」的な用法が生まれる理由と、こういう用法を使うことの利点の陰にある問題点がどうして無視されてしまうのか、気になって質問させていただきました。

鉄道だけではありません、わたくし外国語学部出身ですので訳文作成などでこういう場面に30年近くの間に何度となく出くわしました。
30年近くも暮らしていると、誰かがある場面において方便としてある日本語の言葉をあてはめたものが、あてはめた時点の方便から独り歩きして一般的なものとして普及してしまい、新たな誤解を生んでいることがあります。(「ハングル講座」の「ハングル」なんて最たる例)

50年近く言語生活を営んできて、しかも30年も母語以外の言語ともつきあい、さらに社会生活でいろいろな国々の事象に出会うような生活を送っているなかで、悩ましく感じております。
そういう生活をしているだけに、自身からは誤解というのは起こしたくもないし、したくもありません。
いかがなものでしょうか。

補足皆様ありがとうございます。
皆様ご指摘の方便の必要性、確かにご尤もだと思います。
しかしわたくしの危惧は、方便を方便として理解して読んでくれる人ばかりだろうか、ということで、所謂副作用としての誤解がどれだけ少なく収まるか、ということです。

上海から南京まで新幹線で、と書いたときの『新幹線』が『ものの喩え』だと読んでくれる人ばかりではないのではないか、口頭なら『ものの喩え』だと理解しても活字化すればそれが力を得てしまい、中国にも日本の新幹線『のようなもの』ではなく『が』ある、と言うような誤解が植わってしまうことです。そこまで行かなくとも『新幹線』の持つ気軽に利用できるイメージまで人によっては附帯され、新たな誤解が生じる恐れもあろうかと思います。

実際に和諧号を利用してみて、切符を買うのに長い列をつくり、旅券提示まで要求されるわ、待合室や改札でも旅券と乗車券を照合するわ、荷物検査はあるわ、我が国の新幹線のような気軽な乗り物ではない一面を感じて、これは新幹線とは別の乗り物だと実感したからかも知れませんが。

これはある意味薬の副作用にも似た問題なのかも知れません。

閲覧数:
133
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hid********さん

編集あり2017/8/1105:25:02

ウソも方便が生まれる理由
「列車」「和諧号」では「新幹線」ほどに、読み手にそれをどのようなものか想像させる力が足りないからです

「列車」「和諧号」では、中国を知らない人には、写真を付けない限り、それがどのようなものかを想像することが出来ないでしょう
和諧号に乗った経験がある人間や、鉄道マニアでもなければ、一般の日本人は和諧号ましてやCRHがどのようなものかなど、知りません

「列車」と書けば、読み手は夜行列車を想像したり、日本の特急列車を想像したりと、書き手が頭の中にイメージしているものと違う列車を、読み手が勝手に想像する可能性が高いです
読み手は、それを文字列として読めてはいるが、それが何かを本当の意味では理解していない
「新幹線」を使うのは、そのような結果は書いた側は望んでいない、というのが理由だと考えます

「読み手が自由にイメージしてもらっても結構」ということであれば「列車」でも「和諧号」でも構わないでしょう
しかしそれは、あなたではなく原稿を書いた人が決めることだと思います

問題点
カタカナの存在によって日本人の英語力が大きく阻害されているのを思い出しました、言葉の置き換えは確かに副作用があります
しかしながら、和諧号を新幹線と表記することで社会的に問題が発生するとは思いません
他の回答のように、高速で離れた都市間を結ぶという目的は同じですし、JRが商標権を主張するとも思えません

  • 2017/8/1107:45:18

    ありがとうございます。

    他言語文字への置き換えの問題は、発音を歪めるだけではなく、言葉の意味が独り歩きする点は大きいと思います。
    スワヒリ語の挨拶語、ジャンボが英語に入ってからの誤用例は分かりやすいでしょう。
    動物園の象の名前に付いたことで、スワヒリ語の挨拶という語源を知らなかっただろう人々によって『巨大な』という形容詞的用法をされ、やがては特定航空機会社の特定機種の俗称になって世界中に普及するように。今やスワヒリ語の挨拶語であることは余り知られていません。
    ジャンボは極端な例かも知れませんが。

    しかし、やはり『てにおは』程度の違いではないので、編集側の権限だけではいけないのでしょうね。

  • その他の返信(5件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/8/16 09:44:36

皆様ありがとうございました。

「ウソも方便」が生まれる理由、考えさせられました。
あくまでも便宜上のことなのでしょうね。

となると、寧ろ問題の本丸は、コミュニケーション上で一時的に使われる「ウソも方便」が、第三者によって当初の意味から外れてしまい、それが活字化(あるいはウェブ上にアップ、オンエア)されることで力を得てしまうことなのでしょうね。

改めて質問させて頂きます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

no_********さん

2017/8/1023:12:46

新しい幹線鉄道だから、新幹線でいいのでは?

JR東日本・東海・西日本の3社が「新幹線」を商標登録しているのは、
赤の他人の登録による被害を防ぐためです。
JR九州が「新幹線」という名称を使うことは認めていますし、
類似の高速鉄道輸送サービスの呼び名として
一般的に使うことを妨げないと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

shiAさん

2017/8/1021:37:26

ソ連時代の旅客機にツポレフ Tu-144というものがあります。
この説明ではどんな形状の航空機なのか普通の人はピンと来ないと思います。
貴方ぐらいの年齢の方ならば、次の説明で大体の形状が把握できると思います。
この航空機は ソ連のコンコルド だ。
コンコルドを知らない世代にこの機体形状を文章のみで説明するのはホネが折れる事でしょう。
それと同じで列車と言えば、山手線の車両を思い浮かべる人もいるでしょうが、新幹線と言われれば大体の人は流線型の先頭車両を思い浮かべると思います。
相手が知っていること前提の専門書でもなければ、身近な物を例えに出すのは悪い事ではないと私は思います。

ここで問題です。
ツポレフ Tu-144の形状をコンコルドの単語を使わずにほかの人に文章のみで説明してください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる