ここから本文です

相見積もりの業者のこと、どこまで話しますか?

アバター

ID非公開さん

2017/8/1123:31:03

相見積もりの業者のこと、どこまで話しますか?

注文住宅の新築を考えており、現在数社の地元工務店に相見積もりというか間取りプランを依頼しています。
相見積もりの事は各社に伝えていて、どこも「それは当然ですよね」と言う感じで、別段嫌な顔はされていません。

進捗状況や進め方は会社によって差があり、まだ説明や土地調査の段階や、具体的なプラン検討中や見積もり金額の提示待ち・・といろいろなのですが、話しているとどこの業者にも他社での進み具合はどうか、と聞かれることがあります(ズバリだったり遠回しな言い方だったり)。
何となく濁しているのですが、こういう場合、素直に話してもいいのでしょうか?

また、現時点でですが、夫婦ともにA社がいいなあとほぼA社に傾いています。それをもうA社に言ってしまっていいものですか?A社の打ち合わせは楽しくてつい言いたくなるのですが、契約するまで感情は出さない方がいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
334
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/8/1200:14:30

>何となく濁しているのですが、こういう場合、素直に話してもいいのでしょうか?

話して良いです。

>現時点でですが、夫婦ともにA社がいいなあとほぼA社に傾いています。それをもうA社に言ってしまっていいものですか?

言う必要はありません。
A社の何が良いのでしょうか?
間取りでしょうか?でしたら、その間取りで他社に作らせることは可能です。
営業マンでしょうか?良い営業マンがいるところは探せばいっぱいあります。

>契約するまで感情は出さない方がいいのでしょうか?

どこに対しても「良く思っている」と出すのが良いでしょう。

>工務店に対して素人が相見積もりしても無駄ですよ。だから誰も問題としていないのです。

この方が仰るとおりで、金額では競争できません。
建具も、クロスも、フローリングも、グレードがあります。
どこが何を入れているかなんて、分かりませんよね。
でも、競争させることは間違いではありません。
最終的に何で決めるのか?

・契約条件
・支払い条件

この2つです。
普通は、契約時1割、着工時3割、棟上げ時3割、完成3割です。
でもこれだと住宅ローンが「つなぎ融資」を利用するしかなく、
利子がキツイです。
また途中で倒産した場合のリスクもります。
なので、完成後に9割払うのがOKとか、
出来高(完成した部分の金額)で払うのか、
そういう支払方法を認めてくれるところと契約するか・・・

瑕疵担保責任期間の延長が出来るところと契約するかです。

欠陥住宅を防ぐには、瑕疵担保責任期間を延長させるしかありません。
(瑕疵担保期間とは、施工不良による損害賠償期間のことです)
家の構造体は、あまりにも施工不良の多さから10年保証となりました。
これが品確法で、契約書で短く出来ない規定です。
それ以外の、外壁材の割れ、内装の剥がれ、その他は、契約書によって1年や2年に短くさせられます。
民法で5年と書かれているのにです。

この交渉は契約前にしか出来ませんので、交渉に応じられるところと契約すると言う意味で、複数社と契約直前まで勧めておくのが理想です。

なのでA社以外がイマイチなら、他に2社ぐらいを選び直して、契約直前まで進めるようにしましょう。

  • 2017/8/1200:16:51

    ちなみに私の回答は、耐震重視が希望なら「構造計算してくれるような工務店」を選んでいる、高気密高断熱が希望ならそういうところを選んでいる、という基本的なことはされていると思って回答しています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/8/1708:30:13

相見積りは、素人がやる事ではありません。
業界の裏を知っていないと、逆に損をします。

hanahana2856さん

2017/8/1706:20:21

A社さんにはギリギリまで言わない方がいいですよ。
「あともう一社と御社とで悩んでます。もう少し、金額を下げていただければ御社と契約します」と交渉出来ますからね。

相見積もりは金額以外は話さないと無意味かと思われます。
また、他の方の意見でもありますが、今の状況は相見積もりになってない。
というよりも、相見積もりってほぼ不可能なんですよね。
だって、各社さん扱っている商品全てが同じではないですから。
相見積もりって同じ商品に対しての金額を比べるものですから、今の状況は根本が違うと思われます。
各社さん、構造、設備、内装材、外装などなどがピタリと一致した商品ではないですからね。
後は投稿者様が何を重要視しているかではないでしょうか?
コストなのか、耐震なのか、デザインなのか。
自分の好きな所で契約された方がいいと思います。

また、A社にお願いして、オプションになるものの費用も契約前に出して貰った方がいいですよ。(A社にするなら)
契約してからオプションで利益を取る。
という姿勢の会社も多いですから。
契約後の追加なので住宅会社の言い値になりますからね。
一番最初に申し上げた交渉術と併用してみて下さい。

後は外交費用、登記費用(保存登記、表示登記、抵当権設定)、火災保険(10年一括、地震保険付)、銀行費用(事務手数料、保証料、つなぎ融資費用)印紙代(請負契約時、銀行の金消契約時)、エアコン費用、地盤改良工事予備費、水道加入金、水道メーター代金、盛り土、残土処分費などなど。
入っていない項目があれば見積りに入れて貰って下さい。

fzx07716さん

2017/8/1400:26:16

基本が間違いです。合い見積もりとは、プランを含め全ての仕様が同じでないと成立しません。貴方がしていることはコンペと言うものです。普通は設計事務所数社で行う物です。もう一度仕切りなおした方が良さそうですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

iidasevenさん

2017/8/1318:41:20

相見積もり=競合は決して建築会社にとってはマイナス要素だけでは有りません。
社員の親族や友人などは特命で見積もりをしますが、利害関係の無い一般の方は一社で見積もりを出しても比較する物が無いので契約をしましょうと言っても決められ無い方が殆どです。

プランの要望は構造上出来る会社出来ないメーカーも有りますが、同じ坪数でしたら大きくは変わりません。

プランが決まると見積り合わせになりますが、金額は全社違うと思います。
同じ方がおかしいのですが、総額の高い安いで建築会社を選ばれる事になると思いますが、本当に安いのか、材料が安くて安いのか、人件費を安くして安いのか、利益を押される企業努力で安いのか、作業工程を削減して安いのかはプロでないと分かりません。

rrizumi101さん

2017/8/1318:00:11

「相見積もりの業者のこと、どこまで話しますか?」
最初にキチンと選定方法を決めて、各社に開示した上で競合させないと判断が難しくなってきます。
設計書を選ぶコンペなのか、設計者を選ぶプロポーザルなのか、単に見積金額を比較したいだけなのか。
私は、最終的に絞り込んだ5社に期限を切って提案書を依頼し、午前午後に分けて提案説明を受けました。
その後、修正や要望事項を伝えた最終のプランで見積書を徴取し、その日に各社へ選定結果を電話で伝えました。
「A社に言ってしまっていいものですか?」
競合していることを伝えているなら、契約までは言わない方が良いです。
相対交渉になると、相手の説明を聞いてこちらが答える対応になり、提案を容認する形でプランニングが進みます。
あくまで施主側が主導し、希望を伝え指示する形で進めるべきです。
そして、契約時の見積額には、地盤改良から照明・カーテン・エアコン等の設備、登記・保険、各種申請経費や外構費用まで全て含めて作成する事です。
契約後の変更やオプション追加などは高額になりますので慎重に検討して下さい。
また、比較検討すべきは、金額でなくあくまで住みやすい理想の家であることが大切です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。