ここから本文です

派遣の契約について質問です。

アバター

ID非公開さん

2017/8/1413:43:25

派遣の契約について質問です。

3ヶ月更新で9月末に契約更新です。
ということは次は10月から12月末までの契約になると思います。

以前から正社員としての雇用を希望しており、この度12月1日からの内定を頂く予定となりました。

そこで質問です。


契約更新前に派遣期間の短縮を申し入れるべきか、更新して10月末くらいに退職を告げるべきか悩んでいます。それは一般的に許される範囲の可能な事でしょうか?(おそらく更新前に告げると更新されない可能性があり、派遣担当者は至ってビジネスライクなかたである)

また有給残が10日ほどあり完全消化をしたい。(派遣先はかなり人員的に厳しいはず)
派遣先より派遣元に退職の事を告げておけば派遣会社が話を通してくれるのでしょうか?有給取得の話を含めて。

有給の算定基準(時給で企業カレンダーあり)はどうなるのか?

有給取れなかった場合(派遣先の業務多忙による有給消化が難しい事情等)は買い取りはしてくれるのか(一般的派遣会社対応として)

派遣元の就業規則を詳しく見ていないが、期間内契約解除に違約金発生が一般的に発生することがあるか?

以上5点お教えいただきたい。よろしくお願いします。

閲覧数:
195
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/8/1500:15:25

①>契約更新前に派遣期間の短縮を申し入れるべきか、更新して10月末くらいに退職を告げるべきか悩んでいます。

退職で揉めたくないのであれば、派遣期間の短縮を申し入れるのが筋ですしキレイに終われますので個人的にはこちらをお勧めします。
が、それで契約更新をされないと困るし、そうなる可能性が高い、と思うのであれば、自分の都合を優先するしかないのでわ?ということでお勧めするのは、雇用契約書(あるいは就業条件明示書)か就業規則を確認することです。中途退職について「○ヶ月前までに申し出ること」などというルールがあれば、契約更新をした後、その通りのタイミングで退職意思を伝えれば良いだけ、になりますよ。

②>また有給残が10日ほどあり完全消化をしたい。

「派遣先の人員状況は厳しい」ということであれば、いい顔はされないでしょうが、法律的なことを言うのであれば、会社側は「要求があれば、取らせる義務がある(※但し、取得時期を変更させることはできる)」となっています。つまり法律を盾にムリを通すことは可能ですが、他の要望との兼ね合いを考えて交渉するべきだと思います。
で、既に回答が出ている通り、その交渉相手はあくまでも雇用主たる「派遣会社」であって、「派遣先」には絶対にしないでください。

③>有給の算定基準(時給で企業カレンダーあり)はどうなるのか?

これも知らないのであれば「就業規則を確認」です。そこには必ず載っています。
法律上は「所定時間分の賃金」か「平均賃金」のいずれかを払えばOKとなっていますので、質問者さんの派遣元が、どちらを選択しているかの確認となります。

④>有給取れなかった場合(派遣先の業務多忙による有給消化が難しい事情等)は買い取りはしてくれるのか(一般的派遣会社対応として)

法律的に言うと「買取」はそもそも不可能です。「有給休暇」はあくまでも「休みを取らせる義務」であって「休み分のお金を払う義務」ではないからです。但し、「一般的派遣会社の対応として」「派遣先の業務多忙による有給消化が難しい」などの事情があった場合、買取を前提として退職までの出勤を依頼することはままあります。従って、これも「派遣会社との交渉次第」が回答です。
但し、最初に言った通り会社側に「買い取る義務がある」わけではありませんので、買取を強要することはできません。②とうまくバランスを取って交渉されることをお勧めします。

⑤>期間内契約解除に違約金発生が一般的に発生することがあるか?

罰金のような話を言っているのであればあり得ません。労基法16条「賠償予定の禁止」に抵触するためです。
また、民法上の「損害賠償」であれば請求される可能性はゼロではありませんが、これも「賠償額が確定している」「中途退職と損害の因果関係が明確である」などの条件が必要なうえ、日常茶飯事の「派遣社員の中途退職」に対してそこまでの手間をかけるメリットがありませんので、よほどの高額損害が発生するようなレアケース以外では考えられません。

以上、ご参考まで。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ua_1982_30さん

2017/8/1415:48:40

1)期間短縮の申し出について
→当然、更新前に伝えましょう。有給使えるのであれば、その分も逆算して最終出勤日も決めましょう。

2)有給の全消化の可否
→可能でしょうが、退職直前に言われても派遣元と派遣先が困るでしょうから、モラルの問題として、早めに申請して了承を得ておくのがベターです。

3)有給の算定基準
→いまいち質問の意味がわかりません。

4)有給買い取り
→派遣会社によると思います。あんまり当てにしないほうがいいと思います。まとえて取得がダメそうなら、今のうちからポツポツと取っていくのがいいと思います。

5)期間途中解除の違約金
→あまり聞いたことがありません。労働に関する法律の殆どは労働者を守る内容で、労働者がマナー違反なことをしても、ほとんどの場合では何にもペナルティありません。


全般的な話ですが、内定(退職)が決まってるのにそれを伝えることを引き伸ばして、一方で自分の権利をすべて守ろうという考えは捨てたほうがいいかと思います。
やるべきことをやらずに後でもめると、色々と妥協しないといけないことが出てくる場合があります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tengoxidbさん

2017/8/1414:33:21

〉おそらく更新前に告げると更新されない可能性があり、派遣担当者は至ってビジネスライクなかたである

更新してしまうと、契約期間が12月末までなので、途中解除は厳しいです。
更新確認があった際、契約期間の短縮が可能かどうか確認して、無理なら諦めるしかないです。
隠して更新してしまうと、後々面倒なことになりますし、派遣会社が雇用保険や社会保険などの退職手続きと取ってくれないと、次の会社で入社手続きが出来ません。

派遣先にとっては派遣社員の有給は欠勤に過ぎないですし、派遣会社が間に入るような内容でもないです。
契約期間終了までに消化出来なければ、有給は捨てることになります。
通常は買取りなどしていません。
有給は、企業カレンダーの出勤日に取得になります。
企業の休日を有給に当てることは出来ません。

契約に関して、派遣先と派遣社員が直接話しをするのもNGですし、契約終了するから、派遣会社の有給をまとめて取得したいと言っても、派遣先にとっては、ただ単に質問者さんが欠勤という事実だけです。

また、派遣会社にとっても、派遣社員の有給取得は、即赤字に繋がるので協力を求めても良い顔はされません。

質問者さんが抜けた後に誰かが質問者さんの仕事をするなら、引き続ぎして有給取得するかです。

alto9293さん

2017/8/1414:05:45

>契約更新前に派遣期間の短縮を申し入れるべきか、更新して10月末くらいに退職を告げるべきか

当然、更新前です。
契約は当然履行されるもので、途中で切る予定があった上で更新するのは、社会通念として大変よろしくないです。
担当者がどんな方であれ、2カ月契約にするならともかく、3か月で更新して後から破棄するなんてのは、完全にNGです。

私、諸般の事情で、2回ほど、結果的に契約を途中でやめてます。
1回は病気で、最終的には有休含めて契約満了日までの契約になりましたが、結果としては途中で破棄したも同然です。
1回は精神的にダメな状態に陥ったため、更新確定後に次回更新をやめてます。(前契約は満了で退職)

その悪い見本から見て、途中解除するのをわかってて、言わずに更新するって言うのは、大変によろしくないです。
最悪、なにかと理由をつけて辞めさせてもらえない可能性もあります。

いうべき状況はしっかり言って、そのうえで判断してもらったほうが、あとくされも無いと思います。


>また有給残が10日ほどあり完全消化をしたい。(派遣先はかなり人員的に厳しいはず)
派遣先より派遣元に退職の事を告げておけば派遣会社が話を通してくれるのでしょうか?有給取得の話を含めて。

担当者は、ドライな方のようなので、話そのものは通してくれると思います。
1回目の破棄の時は、有休全使用で、満了まで1か月半くらいを有休に充ててもらえました。

>有給の算定基準(時給で企業カレンダーあり)はどうなるのか?

有給の付与基準は各派遣元で異なるはずですので言及不可能です。何ヶ月就業で何日付与、付与された有休は何年有効、とか。


>有給取れなかった場合(派遣先の業務多忙による有給消化が難しい事情等)は買い取りはしてくれるのか(一般的派遣会社対応として)

買取そのものは違法行為と聞きます。
が、実際、就業規則に書かれているケースがあります。
実際、以前の派遣元では書かれていました。


>派遣元の就業規則を詳しく見ていないが、期間内契約解除に違約金発生が一般的に発生することがあるか?

就業規則によってしまいますので何も言えないです。
無断欠勤などの不遜な態度だとそういうケースもあるかもしれませんが、最低限の筋を通す分にはそういう話は無いと思います。あとは、派遣元と営業の器次第です。
2回目の破棄の時は、後任がすぐ決まったためか(自分の退職翌日から就業)、違約金云々の話は無かったです。


いずれにしろ、このままだと契約途中で辞める、後任を決めてもらわないといけない事情が現時点であるのなら、筋的にはきちんと伝えたほうがいいです。人手不足な中辞められるわけですから、なおさらです。
派遣元にも派遣先にももうそんな義理は無いし後のことなどどうでもいい、と言われるかもしれませんけど。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。