ここから本文です

旧日本軍でヒロポンはどのような使われかたをしたのでしょうか。 特攻のときも使...

ori********さん

2017/8/1612:22:25

旧日本軍でヒロポンはどのような使われかたをしたのでしょうか。
特攻のときも使ったのでしょうか。

閲覧数:
744
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/8/2121:54:17

メタンフェタミンは軍の兵器として製造され、使用されました。

特攻隊員の中にも使用したのではないかと言う話は聞きますが、

夜間戦闘機搭乗員等が使用させられた記録はあります。

一晩にB29を何機も撃墜した話があります。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E9%B3%A5%E5%9B%9B%E6%9C%9...

メタンフェタミンは軍の兵器として製造され、使用されました。...

質問した人からのコメント

2017/8/21 22:10:25

詳しいご説明、感謝申し上げます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

わっかさん

2017/8/1620:38:09

寝ると危険な仕事をしてる軍人に用いた。代表は航空機の操縦士。特に夜間戦闘可能な乗員(技量甲と呼ばれました)では「暗視ホルモン」と称して使っていた。
国内でも、工場などで長時間労働が常態化すると、生産効率向上を目指して使われていました。
もちろんアンフェタミンは立派な覚醒剤。使えば精神と肉体が壊れてゆきます。もちろん最後はポン中になってしまいます。
それでも戦争になると、すべての国で覚醒剤の使用は激増します。アジア系はアンフェタミン、白人はコカインが中心だけどね。これはアメリカもドイツも日本も、例外無く同じ。

goi********さん

2017/8/1620:00:40

ヒロポン、いわゆる覚醒剤は眠気と疲労を感じさせなくする薬です

真珠湾の攻撃部隊は3時間半飛行しています
ミッドウェー空襲部隊は最大5時間、短くて4時間飛行しています

自動車を4時間休まず運転すると疲れます
パイロットも同様です
自動車のドライバーは適当に休めますが、パイロットは空母や基地に帰りつかないと死ぬだけです
ヒロポン飲んで4時間・5時間飛行機を操縦するしかないんです

鹿屋・知覧基地から沖縄まで零戦の巡航速度で3時間かかります
ヒロポン無くして飛べる距離ではございません

dos********さん

2017/8/1619:39:46

飛行機の操縦というのは肉体的にも精神的にも、とても負担がかかる。いまのタクシーやトラックの運転手でさえキツイといわれるのに、飛行機、とくに軍用機は殺風景で狭い機内の中で何時間も過ごし、地上と上空の気温差、気圧差もある。そのうえ操縦で気を使うし、戦闘機などは空戦でGがかかりクタクタになってしまう。

そこで、たとえば日本陸軍では空中勤務者(操縦者に限らず、飛行機に乗る者すべてのこと)は、食事も少し上質であったり、副食物も与えられていた。飴やチョコレートなどの甘味、あの養命酒も戦史に出てくる。それから普通の酒も一般の軍人より手に入りやすかった。そういった肉体疲労やストレス解消のために、今では禁止薬物にされているモノも含まれていたというだけの話。ヒロポンは戦後しばらく経つまでは合法の薬だったんでしょ。

飛行機乗り全般に行き渡っていたものであって「特攻のために使った」なんて書いているのはアカとバカだけだよ。

2017/8/1612:50:48

勇気を奮い起こさせる
恐怖感を麻痺させる

もちろん特攻の時も使ってます

ただね~
本当の使用感は使った人しか分からないよね

プロフィール画像

カテゴリマスター

he0********さん

2017/8/1612:48:34

特攻隊員に元気酒として、ヒロポン入りの酒を飲ませました。
そうしないとビビッてしまうからです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる