ここから本文です

宜しくお願いします。

アバター

ID非公開さん

2017/8/1819:39:58

宜しくお願いします。

今般、父が亡くなり土地家屋を母名義に変更しようとしたところ、約35年前に2百万円の抵当権が設定されていることが分かりました。

債務者は父親で当時自営しておりました。
債権者は、某メーカー系ディーラーでネット検索上ヒットしない社名となっています。しかし住所検索したところ、違う社名で同様業務を行っている会社がありました。

遺品を整理しましたが、当該抵当権に該当する契約などは発見することができません。

父は、10年以上に亘り病に臥せっており、読み書きができない状況であったため、債権者からの請求があれば私の目に触れたはずですが一切ありませんでした。母に問い質したところ、確かに苦しい時期があり、家財の差押が入り、その解除の見返りとして抵当権を設定した。その後、債権者からの具体的な請求は無かったと思うとのことでした。

父は、廃業後日々の生活が目一杯で、生命保険も残しておりません。父が亡くなったことにより、母の極僅かな年金では生活することもできず、今後、私(子は私一人)が生活費を補填していこうと考えております。

そのような中で、沸き起こった今回の問題ですが、借金は返済するのは当り前ですが、35年に亘る金利を考えると膨大な額となり肩代わりするにはあまりにも負担が大き過ぎます。

どのような対応をしたら良いか、ご教示頂きたくお願い致します。

閲覧数:
155
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/8/2312:00:45

今からほじくり返す必要がありませんね。

抵当権設定登記があっても、被担保債権が消滅(弁済でも時効でも)していれば、抵当権は自動的に消滅します(ただし、根抵当権は違います)。

被担保債権の無い抵当権設定登記は単なる抜け殻です。

有っても意味がありません。

相手方から、裁判所を通して特別送達が来ない限り放っておいて大丈夫です。

抵当権が設定してあっても、抵当権者の許可無く所有権は移転できます。

ただ、心配でしたら、まずは、抵当権者の法人登記取って、その法人の実態を調べることですね。
精算が開始されていたら、清算人に、抹消合意書(弁済証書)を出してもらえば、抹消できます。清算結了登記されて入れば、抹消の裁判を起こすしか無いです。

まずは、抵当権者の法人登記を確認することですね。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/8/2319:58:36

    ごめんなさい。
    確認したら根抵当権でした。お手数ですが、ここに絞ってご教示頂けますか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/8/25 03:00:33

細やかな御回答ありがとうございました。
助かりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

defy_444さん

2017/8/1906:55:51

こちらで弁護士の方に無料で相談できるので相談してみてはいかがでしょうか??

http://96ki96na96ko.com/hp/index.html

2017/8/1819:43:00

長年請求されてないなら、借金は時効になってるので、返す必要はありましぇん。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。