ここから本文です

海外文学の面白い作品を教えてください。

nex********さん

2017/8/1822:34:18

海外文学の面白い作品を教えてください。

閲覧数:
114
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jik********さん

2017/8/2423:16:26

ドストエフスキーの作品は、五大長編作品のうち一作であるのに未だかつて映画化されていない唯一の小説『未成年』を除いてすべて面白いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2017/8/2421:51:10

とにかく夢中で読みたいならやっぱりシドニーシェルダンですかね。

名作といわれるものがいいなら、トルストイがオススメです。意外と読みやすく普通に面白いです。「戦争と平和」や「アンナ・カレーニナ」。

pik********さん

2017/8/2204:31:35

ガルシア・マルケスをはじめ、歴代ノーベル文学賞受賞者、作品。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kmb********さん

編集あり2017/8/2204:19:33

海外文学の中でも物語性がゆたかで面白く、考えさせられる作品を紹介します。

⬛O・ヘンリーの短篇集
笑いあり涙あり、辛く悲しい人生の真実が温かくユーモラスに描かれています。岩波文庫の『オー・ヘンリー傑作選』(1冊)や、新潮文庫の『O・ヘンリー傑作選』(3冊)などがあります。

⬛サマセット・モーム『ジゴロとジゴレット ~モーム傑作選~』(新潮文庫) 
八篇からなる短篇集。どの作品も面白すぎるほど面白く、人間の真実を突いています。金原瑞人の翻訳が現代風で楽しい。気に入れば、同じ作者の『モーム短篇選』(岩波文庫、上下巻)や長篇『月と六ペンス』(新潮文庫、岩波文庫)などへ。

■ヴィクトル・ユーゴー『レ・ミゼラブル』(偕成社文庫、角川文庫、岩波少年文庫)
長い監獄生活を送った主人公ジャン・バルジャンは、ミリエル神父との出会いで生まれ変わります。波瀾万丈の物語。人生が変わるほどの強く深い感動に打ちのめされます。最初は偕成社文庫などの縮訳版で読むのがいいでしょう。

■パール・バック『大地』(新潮文庫)
舞台は、百年ほど前の中国。激動の時代に、一代で富を築いた王龍とその息子と孫の三代にわたる人々を描いた大河小説。私は面白くて没入し、あっという間に読了。悠久の思いのようなものに浸されました。

■エミリー・ブロンテ『嵐が丘』(岩波文庫、光文社古典新訳文庫)
主人公ヒースクリフは、熱愛していた恋人に裏切られ、凄まじい復讐の鬼と化します。恋が憎しみに、いや悪に転化し、ヒースクリフの激情が嵐となって嵐が丘を吹きまくり次々と悲劇が起きます。ガタガタと震えながら読んだのを思い出します。私が高校時代に読んだ小説のなかで一番面白かった!

⬛ヘンリー・ジェイムズ『ねじの回転』(光文社古典新訳文庫、新潮文庫)
若い女性が家庭教師として英国の古い屋敷に赴任するが、そこで遭遇したのは邪悪な亡霊だった。…… 文学史上もっとも恐ろしい小説と言われる心理小説の名作。

■カミュ『異邦人』(新潮文庫)
短く簡潔な文章で読みやすく面白い小説。何か哲学的な、名状しがたい感動を覚え、鮮烈な印象を残します。私は高2のとき、強烈な衝撃を受けました。リンク先は、私のカミュ体験について。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312989444...

そのほか、海外の名作文学をたくさん紹介したリンクです。
https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12157852282

jin********さん

2017/8/1822:35:00

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる