ここから本文です

亜硝酸(HNO2)は、弱酸の中での酸性の強さ順(スルホン酸>カルボン酸>炭酸>フェノ...

y_s********さん

2017/8/2422:35:27

亜硝酸(HNO2)は、弱酸の中での酸性の強さ順(スルホン酸>カルボン酸>炭酸>フェノール)のどこに位置するのでしょうか?

補足ごめんなさい、スルホン酸は強酸でしたね。

閲覧数:
280
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lov********さん

2017/8/3120:15:48

酸性の強さを比べるのには、酸解離定数pKaの実験値(文献値などにより)を比較します。pKa が小さいほど酸性度が高く、pKa が大きいほど塩基性度が高いことになります。そうすると、

[酸性度 高] 亜硝酸(HNO2) > 酢酸(CH3COOH) > 炭酸(H2CO3) > フェノール(C6H5-OH) [酸性度 低]


<水溶液中でのpKa値>

亜硝酸(HNO2):pKa = 3.3付近
----------------------------------
酢酸:pKa = 4.6~4.8
炭酸:pKa1 = 3.6、pKa2 = 9.8~10.3
フェノール:pKa = 9.9~10.0

質問した人からのコメント

2017/8/31 20:28:12

なるほど!
酸解離定数…学校の授業で少し触れられたような気もします。また調べてみます。

ありがとうございました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる