ここから本文です

団体信用生命保険と抵当権抹消手続きについて 時系列で、死亡→相続→弁済の順と...

アバター

ID非公開さん

2017/8/2617:49:15

団体信用生命保険と抵当権抹消手続きについて

時系列で、死亡→相続→弁済の順となるので、所有権移転(相続)がいると聞きました。
なるほどと思いましたが、抵当権変更(債務者相続)はいら

ないらしいです。
債務者死亡→相続→弁済の順にはならないのでしょうか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
171
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

maf********さん

2017/8/2917:04:59

質問はおそらく、
「死亡→相続→弁済(抵当権抹消)」となっている順序について、
「死亡→弁済(抵当権抹消)→相続」という順序にならないのか?という質問かと思います。

団信保険により住宅ローンの完済がされるのは、死亡のあとに発生します。
相続というのは、現実には遺産分割協議等が挟まるので遅れることもありますが、死亡時点に遡って効力が発生する性質のものです。10年後に相続登記をしようが、「死亡日=相続日」です。
したがって、死亡と相続は同時で起こるものであり、間に弁済を挟む余地はありません。

時系列で言えば、「死亡=相続→弁済(抵当権抹消)」ということです。

抵当権抹消登記は債務者と債権者の共同で行うべきものとされていますので、死亡後相続前に抵当権抹消の登記ができたとすれば、登記をする人が誰なのか不明確になってしまいますね。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/8/3009:26:31

    御回答ありがとうございます。
    死亡日=相続日でしたら、所有権移転(相続)も不要になるのではないでしょうか。
    また、抵当権抹消は、権利者の一人と義務者で申請できますので、必ずしも分割協議は不要であり、相続人の一人からで良いと考えております。
    私の質問は、所有権については、死亡と抵当権消滅は、同時でないから、所有権移転(相続)が必須であるのであれば、
    抵当権の債務者も、死亡後、相続人全員が一旦債務者として登場し、その後の抹消原因が発生するのであれば、債務者の変更(相続)を入れなければ、中間省略になってしまうのではないのだろうかという質問でございました。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる