ここから本文です

ふと気になりました。 国選弁護人または私選弁護人を付けた状態で起訴、裁判、判...

ryot0502さん

2017/8/2912:54:27

ふと気になりました。
国選弁護人または私選弁護人を付けた状態で起訴、裁判、判決まで行ったとします。
弁護人がその件に関して対応してくれるのは判決日までなんでしょうか?
それとも判決

後2週間経って刑が確定するまでなんでしょうか?

また、刑確定後に加害者被害者間でのやり取りは禁止されると聞いたことがありますが
例えば判決日の後や刑確定後に被害者の方から弁済してほしいなどの要求がある場合は、そのやり取りに弁護人は介入出来るのでしょうか?

閲覧数:
24
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

idiot0120さん

2017/8/2913:28:10

国選については明文も判例もありません。実務的には、上訴の期間満了(または上訴の申し立て)までですね。私選だと個人的な契約になるので、契約書を読めば書いてあるはずです。

質問した人からのコメント

2017/8/29 13:35:29

なるほど。
やはり国選と私選で異なるんですね。
ご回答ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。