ここから本文です

オリジナルの団体名や本の題名も商標登録? たとえば政治結社とか宗教団体をつ...

dprocess2014さん

2017/8/3011:49:32

オリジナルの団体名や本の題名も商標登録?

たとえば政治結社とか宗教団体をつくって名称を決めたとします。
その名称を他の人々には使わせたくないと思ったら、商標登録するしかないのです

か?
ただし、この場合、その結社や団体は商業目的ではないです。それでも「商標」での登録になりますか?なにか他に、名称を独占する方法はないのでしょうか?

いつか、資格の名称で、公的でもなければ民間でもない、就職には何の有効性も見込めない「労務管理士」とかいう資格が新聞広告に出ていて、たしか、その資格名称は商標登録されていると書かれていた記憶がありますが、この場合は商売目的、つまり商品なので、その名称が商標登録されたということであって、普通は、資格の名称は商標登録されないものなのですか?
それなら、資格名を勝手に使用されないためには、どういう方法で守られるのですか?
やはり商標登録しかないのでしょうか?商業目的であるか否かにかかわらず・・・ですか?
登録すると他の人は、その名称を無断で使用することはできなくなるのでしょうか?
たとえば、日本文理という名称の学校が日本には最低でも2校あるようですが、こういう場合は、どちらかが「日本文理」という学校名を商標登録しておれば、日本に1校のみだったってことでしょうか?

補足労務管理士について訂正します。「公的でもなければ民間でもない」は「国家でもなければ公的でもない」に訂正。
「就職には何の有効性も見込めない」は言い過ぎでしょうか?
(参照)https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q124130457...

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
119
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

korishou1さん

リクエストマッチ

2017/8/3013:36:43

商標とは、「人の知覚によつて認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるもの(以下「標章」という。)であつて、次に掲げるものをいう。
一 業として商品を生産し、証明し、又は譲渡する者がその商品について使用をするもの
二 業として役務を提供し、又は証明する者がその役務について使用をするもの(前号に掲げるものを除く。)

とされております。舌を噛みそうな本文はさておき、商品、役務(サービス)に使用する物で無いと、商標登録になりません。よって、政治団体は、いずれにも該当しないので、その名前を商標登録できないはず……
と思って調べて見ると、
http://www.syohyo-jp.com/mame/political_party.html
と言うようなブログが見つかりました。
そこで、「民主党」について、調べて見ると、「指定商品」「指定役務」は
16 印刷物,紙製のぼり,紙製旗
41 セミナー・研究会・研修会・講演会・シンポジウムの企画・運営又は開催,電子出版物の提供

となっておりまして、こうした物を商品として売ったり、セミナー、研究会等を行うときに、独占的に「民主党」という名前を使えることになります。

このように、商品や役務を限定すれば、その範囲で商標登録を受けられます。

宗教法人も同様であろうと思って、「創価学会」を調べて見まするに、

21 お守り,おみくじ
35 葬祭用具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供
45 宗教集会の運営,宗教集会の運営に関する情報の提供,葬儀・法要の執行,葬儀の取次ぎ,葬儀・法要に関する相談,冠婚葬祭に関する情報の提供,墓地又は納骨堂の提供及びその管理,墓地又は納骨堂の提供に関する情報の提供,葬儀・法要のための施設の提供,占い,身の上相談,葬祭用具の貸与,宗教教義・宗派・宗教儀式等宗教に関する相談及びこれらに関する情報の提供,平和・人権・宗教に関する調査・研究
35 織物及び寝具類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,被服の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,履物の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,かばん類及び袋物の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,身の回り品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供
35 印刷物の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,紙類及び文房具類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供

はともかくとして、色々な商品、について、商標登録されておりまして、中には「犬小屋」までありますですね。宗教活動とは余り関係の無いところで商売をされているようであります。「創価学会」と書いた犬小屋を買うと、犬が天国に行けるかも知れませんです。

本のタイトルは、こちらを引用
http://trademark.ip-kenzo.com/industry/book/

  • korishou1さん

    2017/8/3013:39:16

    後半の質問を忘れておりましたが、書き終わってみてみると、正解と思われる回答が付いておりますので、こちらは省略します。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hoshinopostさん

編集あり2017/9/213:58:55

>たとえば、法人でもなんでもない、ただの有志の集まりにすぎないボランティアサークルがあるとしまして、このサークルが、「犬連れ散歩者支援会」なる名称に決め、他の団体が同じ名称を使わないようにしたいと思った場合、日本社会にはどのような方法・手段があるのでしょうか?やはり商標登録しかないのでしょうか?他に何か仕組みとかありますか?

何らかの名称を独り占めし、他人に使われたくないということでしたら、商標登録しかありません。
登録された商標には、独占的排他権が与えられ、登録者だけが、利用できます。
ただし、商標登録できる名称には、制限があります。
どんな名称でも登録できる訳ではありません。
ボランティアの派遣という指定役務(サービス)に対して「犬連れ散歩者支援会」という商標の登録は、かなり困難でしょうね。理由は、korishou1さんが回答されているとおりです。
でも、「レッドドラゴンボランティア」ならば、登録できる可能性大です。
商標登録がなっても、「レッドドラゴンボランティア」は、ボランティアの派遣というサービスに対してのみ、登録者が独占的に使用できるだけで、例えば、居酒屋さんが「レッドドラゴンボランティア」という名称でお店を開いても、それを差し止めることは、普通はできません。
このことは、ficp9007さんが回答されているとおりです。
「レッドドラゴンボランティア」がすごく有名になって、だれでも知っている団体になれば、居酒屋さんが「レッドドラゴンボランティア」でお店を開いても、名称使用を差し止めできる場合があります。
有名になった「レッドドラゴンボランティア」を防護標章登録してしまえば、他で使わせないことが可能です。

『結論は、「団体名称の独占化は困難極まりない」ということ、要するに私のねらいは「無理難題」であることがわかりました。

という結論は間違ってます。
団体名称の商標登録は、容易です。
商標とは何か、ということを理解していない人が考えた商標を登録するのが、難しく、また、商標とは何かということを理解する気がない人にそれを教えるのが、困難なだけです。
団体名称であろうが、新たに開発されたケーキの名称であろうが、独占化(商標登録)の難しさは、変わりません。



おまけ
「労務管理士」については、それが何なのかよくわかりませんが、そんな者になろうとせず、社労士になるための勉強した方が良いでしょう。
あと、労務を管理するという指定役務(サービス)に対して「労務管理士」という商標の登録を出願しても、特許庁はほぼ間違いなく(99.9%)拒絶します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun_jun_kwさん

2017/8/3020:55:44

まず、質問者様の疑問は、「商標=商用利用」という概念を、
お持ちだという事に由来しているようですね。
この発想を、一旦、お捨てになった方が良いですよ。
わが国で言うところの商標登録という言葉は、
多くの法律用語と同様、西欧諸国の法律用語を日本語に、
直訳したものであるという事です。
商標登録は、Registered Trademarkを直訳したもので、
Trademarkを商標と直訳したに過ぎません。
しかし、法概念上、ここで言うtradeは、商売とか、
取引の意味ではなく、家業といった意味合いで使われています。
だから、何も商用以外で登録をする事はおかしい、
という事にはなりません。

トレードマークの起源は、例えば、パン屋という家業を営む人は、
大勢いて、各々が勝手な名前を付けたら、誰が作ったパンだか、
買う人間は迷ってしまいます。
だからそれぞれ、自分のパンにブランドを付け、
それをトレードマークとして区別をしてきたわけです。
これは、あらゆる職業で行われ、例えば、商業とは無縁の教会も、
他の教会と区別するため、自分達のトレードマークを持っています。

日本では、これを商標と名付けてしまったから、
本来の法理念とは異なった認識を持たれてしまっているのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

fjcp9007さん

2017/8/3013:07:31

そもそも商標権は、「名称を独占できる権利」という訳ではありません。

特定の商品やサービスに付する標識を意味する「商標」と、
その商標をどういう商品やサービスに使用するかを示す「指定商品/指定役務」と
がセットで「商標登録」となります。商品やサービスのカテゴリが全然異なる場合には、そもそも何の権限もありません。

>その結社や団体は商業目的ではないです。それでも「商標」での登録になりますか?なにか他に、名称を独占する方法はないのでしょうか?
⇒商標権を取得しても、団体名称を独占することはできません。独占できる方法はないかと思われます。

>「労務管理士」
⇒商標登録4120098、指定商品を「雑誌,新聞」として登録されてます。
従って、定期的に刊行される雑誌や新聞の名称として、使用することが、この商標権者によって独占されています。それだけです。資格名称とは無関係になっています。

>資格名を勝手に使用されないためには、どういう方法で守られるのですか?
⇒例えば、商標「●管理士」、指定役務「●に関する診断及び指導・助言」などとすることが考えられます。

>日本文理という名称の学校が日本には最低でも2校あるようで
⇒調べてもわかりませんでした(「日本文理大学」という大学名称は一つだけのようでした)が、似た名称の法人名称としては、「株式会社日本文理学院」と「学校法人日本文理学園」があるようです。
法人名称は、法人格が異なれば、異なる法人であることが容易に判ります。

>どちらかが「日本文理」という学校名を商標登録しておれば、日本に1校のみだったってことでしょうか?
⇒その可能性も少しはありますが、そもそも「日本文理学院大学」「日本文理学園大学」等とすれば、一般的には同一視されやすい「日本文理」大学が2校以上、という状況はありえます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。