ここから本文です

乃木希典が最後、明治天皇の後を追い自害して果てたのは、実はもう一つ理由があり...

got********さん

2017/8/3011:57:40

乃木希典が最後、明治天皇の後を追い自害して果てたのは、実はもう一つ理由があり、日露戦争で多くの日本人を戦死させてしまった罪悪の意識もあったんですよね。

閲覧数:
968
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ook********さん

2017/8/3106:31:27

乃木希典は師匠の玉木文之進(吉田松陰の叔父)が萩の乱で多くの若者を死なせその責任をとるため自ら切腹してるので責任の取り方として当然のことだったんだろうね

しかし日露戦争で多くの兵士を死なせ息子たちもみな戦死、罪を償いたいという乃木に明治天皇が「どうしても死にたいのなら朕の亡くなったあとにせよ」と死ぬことを止められていたから生きていただけだからなあ

質問した人からのコメント

2017/9/5 23:24:19

やはり、辛かったんでしょうね。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2017/8/3120:23:27

さようです。

また、お二人のかけがえのない御子息にも
早く会いたがっていました。

youseamitさん

2017/8/3022:02:25

それもあると思います。乃木将軍が殉死した時、志賀直哉や芥川龍之介がナンセンスとして非難した所、夏目漱石や森鴎外が肯定して夏目漱石はこころを書きました。こころの中で下宿先の奥さんが戦争未亡人なのはそのためと思います。しかし、当時乃木将軍を非難する人は多かったと聞きます。兵士の命を無駄遣いするような作戦は、国内では非難されたと聞きます。
小説でも、日露戦争に行くのを否定的に描く作品も多く、小説家で批判的な人は多かったと思います。

uga********さん

2017/8/3012:54:04

西南戦争の激戦で軍旗を紛失している。
その時に責任を取ろうとしたが明治天皇に止められている。
明治天皇に預けた命だから殉じて死を選んだ
日露戦争の戦死者は、数は多いけど要塞攻略においての
被害としては軽微であると思うのでほとんど無関係でしょう
日露戦争の活躍は、海外で評価されてます。
日本では、某アホな小説家により悪いイメージですけどね。

2017/8/3012:37:51

よく考えれば、明治天皇の生きている間は生きようとおもってた
しかし、乃木は西南戦争のほうが激戦だったと語っています
とは言え、日露戦争中はわざと弾の来る場所に出て部下に止められたとか
正直、よく分かりませんね

しかし、頭をよぎったとは思います

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる