ここから本文です

「愚物語」の(第二話)するがボーンヘッドについて質問です。ここに登場する忍野扇は...

アバター

ID非公開さん

2017/8/3020:35:33

「愚物語」の(第二話)するがボーンヘッドについて質問です。ここに登場する忍野扇は神原と共に、臥煙遠江の残した暗号(恋文)の謎解きを始めますがこの暗号の意味に忍野扇は初めから気付いていたの

ですか?(気付いていてあえて知らないふりをしていたのですか?)もしそうだとしたら、なぜ神原よりも先に気付いたのでしょうか?

忍野扇は今は阿良々木と離れ、携帯電話で情報を取り合ったりしていますが、神原と謎解きをしている時(阿良々木以外に取り憑いてる時)の忍野扇の知識や記憶というのは誰のものなのでしょうか?

この質問は、com********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
514
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

com********さん

2017/8/3022:45:42

神原駿河の母親である臥煙遠江が遺した暗号の謎を忍野扇が真っ先に解き明かせた理由は2つ考えられます。

⑴ 忍野扇の推理力
こちらは単純に彼女の推理力が高いからという理由です。羽川翼の優秀さを誰よりも知る阿良々木暦の無意識が作用したことにより、忍野扇は羽川翼を抑え込むべく彼女に匹敵する知能を持つ状態で誕生しました。
また彼女はミステリーマニアでもあり、推理小説を好んでいたりもします。

⑵ 臥煙遠江の知識
忍野扇はその出自ゆえに臥煙遠江や神原駿河、死屍累生死郎や忍野忍、そして阿良々木暦が所有している知識をある程度持ち合わせているようです(もちろん全ての知識が彼らに由来するものではなく、誕生後に独自に身につけた知識もあります)。
そのため終物語では初代怪異殺しのフルネームが死屍累生死郎であることを知っていたりします。
今回彼女が臥煙遠江の遺した手紙の存在を知っていたのは、遠江の知識に起因しているのではないでしょうか。同じように手紙の謎を解き明かしたのも最初から答えを知っていたから、という理由があるのかもしれません。

結論として、手紙の謎の答えを解き明かせた理由については最初から知っていたのか独自に解き明かしたのか謎ですが、少なくとも知らないふりをしていた可能性は高いです。
彼女の目的は神原駿河が目を逸らしているものやなあなあにして誤魔化しているものを正し、向き合わせたうえで彼女に自分で解決させることですからね。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/9/100:41:37

    忍野扇はもともと羽川に匹敵する知能を持った状態で誕生していたんですね。羨ましいです笑!謎解きが得意なのにも納得しました。
    ちなみになのですが忍野扇は、臥煙遠江、神原駿河、死屍累生死郎、忍野忍、阿良々木暦の所有する知識と共に、彼らの今までの記憶も持っているのですか?

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/9/3 19:27:26

いつもありがとうございます!
おかげさまで助けられています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる