ここから本文です

法律素人です。

chi********さん

2017/8/3111:15:04

法律素人です。

Kubotaさん(弁護士Youtuber)の動画でヒカル/ラファエル両氏の動画(クレジットカードの貸し借りをしているように思える動画)について、最高裁の判例を根拠に、貸し借りの行為は詐欺罪が成立する、という旨の動画を出しました。

ここからが本題なのですが、この動画について「名誉毀損」ではないか、という指摘がコメント欄でいくつか見つけました。

名誉毀損には、違法性阻却理由という名誉毀損が成立しない場合があるようですが、この動画は名誉毀損が成立しないのか、それともするのでしょうか?

Kubotaさんは、「モザイクがかかっていてよくわからないので、本当に貸し借りがあった場合」というように断定するのを避けている印象がありました。なので、真実の証明( http://park.geocities.jp/funotch/keiho/kakuron/kojinhoueki3/34/230-... )が怪しい気がするのですがどうなのでしょうか。

長文失礼しました。

追記:(さらにこの動画が出た後に、ラファエルが、この動画は台本であるとのコメントを出しています)

閲覧数:
55
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gla********さん

2017/8/3113:49:27

その動画を見ているわけではないので頓珍漢な回答になってしまうかもしれませんが

「クレジットカードの貸し借りをしているように思える動画」に対して「最高裁の判例を根拠に、貸し借りの行為は詐欺罪が成立する、という旨の動画を出し」たんですよね。
他人のクレジットカードを利用する行為が詐欺罪に当たりうることは事実ですし、
そのように見える行為に対して、そういう論評をすることの何が問題なのでしょうか?
しかも「「モザイクがかかっていてよくわからないので、本当に貸し借りがあった場合」というように断定するのを避けている」んですよね。

ヒカル/ラファエル両氏に対して犯罪者だといったわけでも何でもないじゃないですか。
犯罪に見えるような行為に対して事実だったら犯罪行為になりうるという厳然たる事実を言っているだけで
名誉を貶めるような言動はないですよね。

そもそもが真実性の真実性の証明云々の話以前でしょう。

むりやり真実性の証明の話をするなら
「「モザイクがかかっていてよくわからないので、本当に貸し借りがあった場合」「最高裁の判例を根拠に、貸し借りの行為は詐欺罪が成立する」と論評することが名誉毀損に当たりうるのであれば、証明する必要がある真実というのは「クレジットカードの貸し借りをしているように思える動画」をアップロードしていることであって
既に証明されていることでしょう。
「クレジットカードの貸し借りをしているように思える動画」をアップロードもしていないのに、名前をあげてそのような論評をされるのは犯罪と疑わしい動画をあげるような人間といわれたようなもので名誉を毀損されたという言い方もできますからね。

質問した人からのコメント

2017/9/1 22:02:57

ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる