ここから本文です

遺言書について、いくつか質問です。

アバター

ID非公開さん

2017/8/3116:05:54

遺言書について、いくつか質問です。

先日、訳あって実父と2人で公正役場に行って実父が
七年前に作成した遺言公正証書の内容を確認したところ
第一条
「遺言者の有する不動産預貯金その他一切の財産を遺言者の長男に相続させる。」
第二条
「遺言者は遺言者の有する預貯金のうち
金100万円を、次の者に遺贈する。」
と書かれていました。
次の者が誰かは知っています。
実父は80歳近い高齢者で、これから高額医療費がかかるかもしれません。
もし、実父の預貯金を許可を得て医療費などに使い、
亡くなった時には、一円もなかった場合
「次の者」に渡す金100万円は、どうすれば良いのでしょうか?
私の預貯金から出さなければならないのでしょうか?
また、「次の者」が遺言書の内容を実父から知らされてない場合は、黙っていたら違法ですか?
よろしくお願いします。

補足私は、長男であり一人っ子です。
「次の者」とは実父の女友達ではありますが、一緒に暮らしたりはせず、私とずっと暮らしています。
もちろん実父と「次の者」は席も入れてはいません。

閲覧数:
91
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mit********さん

2017/8/3116:25:11

預貯金のうち、と断ってあるじゃないのか。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/8/3116:25:57

    すいません
    了解いたしました。
    ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2017/8/3116:23:32

「遺言者は遺言者の有する預貯金のうち金100万円を、次の者に遺贈する。」

なので、父上が自分の預貯金を使い果たしてしまえば、遺言に抵触する生前処分を行ったこととなり、その部分の遺言は無効になります。

この結果、法律上は遺贈義務はなくなります。

ただ、公正証書遺言にまで実名をさらして100万円を贈ろうとした父上の遺志を尊重するならば、たとえ自腹を切ってでも100万円を都合すべきでしょうね。

というかむしろそんなことが起きないように、医療費は一人息子であるあなたが負担する覚悟を持つべきだろうと考えます。

mnb********さん

2017/8/3116:17:54

預貯金が0円の時は、0円しか貰えません。=1円も貰えない。

遺言書が、相続財産の中から100万円とあれば、
最初に100万円が行きます。

微妙な相違。結果はおおきな違い。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる