ここから本文です

江戸時代にキリスト教が禁教になった理由を詳しく教えて下さい。

遊び人の金さんさん

2017/8/3117:39:14

江戸時代にキリスト教が禁教になった理由を詳しく教えて下さい。

閲覧数:
281
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sio********さん

2017/9/109:56:51

超簡単にだと(諸説ありますけど)

●宗教における人々の団結

徳川は一向一揆や島原の乱などで、宗教がらみで苦労してますからね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2017/9/110:10:41

キリスト教が宗教の面をかぶった侵略組織だったからです、今でも宗教は侵略の為の道具ですけど。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

het********さん

2017/9/106:26:02

■九州を中心に、キリスト教による神社や寺院の破壊行為があった。

■また大分を中心に、日本人の多くが海外へ拉致されてしまった。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

osh********さん

編集あり2017/8/3121:47:40

●キリスト教の宣教師は信長や秀吉などの権力者に擦り寄り、武器弾薬の貿易の便宜を求めキリシタン大名なども現れ一旦は布教に成功しましたが下記のような理由で禁止されました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

秀吉が発したバテレン追放令では、キリスト教を信仰すること自体は禁止していません。
キリスト教を布教する宣教師の国外退去や神社仏閣の破壊行為の禁止を命じたものです。
後の徳川幕府は直接的にキリスト教を信仰すること自体を禁じました。


宣教師の扇動による神社仏閣の破壊

キリシタン大名による領民の強制改宗

キリシタン大名が日本人女性50人を火薬一樽で奴隷として売買

スペイン人航海士ランディアからスペインがフィリピンを侵略したことを知る

キリシタン大名が寝返って九州が植民地にされることを恐れた。


キリスト教宣教師やキリスト教徒が侵略の手先になることに気がついた。

当時キリスト教の布教を積極的に進めていたイエズス会は、相手国に対して布教に当たり自分達の行動の自由が保障される地域を要求しました。
いわゆる居住を認められた地域での治外法権を要求しました。
日本側でも大村純忠のように長崎をイエズス会に寄進する人間が現れました。
これによって長崎の街はイエズス会の私有地となりました。

イエズス会を支援していたスペインやポルトガルの軍隊が進駐してきても、直接的に排除できなくなります。
当時のスペインやポルトガルは宣教師の安全を理由にこの治外法権の拡大を次々と相手国に認めさせるという手法を取りました。


やがて、相手国の政権を担っていた王族を排除して、自国が支配する植民地としました。


●●●●尚、よく出てくる「神の元の平等」を恐れてというのは嘘です。。●●●●


聖書にはそのような思想はなく、西洋でのキリスト教は権力者に擦り寄ってキリスト教神の権威により王の権力を保証し、キリスト教団自らも権力を手に入れて民衆を支配していました。

自由・平等・博愛はフランス革命のスローガンですが、フランス革命は一面キリスト教権力との戦いだったのです。

フランス革命は一面では教会権力との戦いでした。

強権ファシズムといわれるように、権力と癒着した教会と啓蒙思想の対決から生まれ、フランス革命などで啓蒙思想の勝利で勝ち取られたものです。


聖書の教義 社会格差の容認
ローマ書 13:1 人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によら ... 神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられたものです。2したがって、権威に逆らっている人は、神の定めにそむいているのです。●王や貴族にはこびへつらい

あなたは私を諸侯あるいは領主にしてくださいました。このことに私はいささかの疑念もさしはさむことはできません。悪をなす者にかならず剣を用いよ、というのがあなたの私に対するご命令です[ローマ書一三章(四節)

フランスでは革命前の封建社会においてカトリック教会権力と王権が癒着しており、民衆の日常生活にも教権は深く介入して民衆を抑圧していた。
教会大土地所有
革命が起こる前のフランス、のちにアンシャンレジーム(旧制度)と呼ばれる頃の、身分別人口構成は
第一身分=聖職者・・・12万人
第二身分=貴族・・・38万人
第三身分=市民・・・250万人、農民・・・2300万人
当然、第一、第二身分が支配層です。さらにこの支配層は、フランスの35%も土地を所有し、税金は10%。ところが、市民は20%、農民は30%の土地を 所有する一方で、税金の負担率は80%だったんです。まさに、この支配層は特権階級! 第三身分の不満は募る一方でした。


農奴 ・身分制の容認

あなたは私を諸侯あるいは領主にしてくださいました。このことに私はいささかの疑念もさしはさむことはできません。悪をなす者にかならず剣を用いよ、というのがあなたの私に対するご命令です[ローマ書一三章(四節)

ルターはパウロの言葉を引用しながら農民たちの皆殺しを諸公に進言した。
「農民の強盗団について」
農民を皆殺しにせよと諸侯たちに訴えた.1525年5月、フランケンハウゼンの戦いで農民たちは虐殺された。……総計13万人の農民が殺されたのであった。(世界の名著373頁)
農民たちは権威に盾突いている。これは神の意思に反することだ。これ以上放置しておくと彼らの魂が汚れ、復活できなくなる。いま皆殺しにすれば、最後の審判の日にも彼らも永遠の生命を得られるかもしれないと。
これが隣人愛ですか?

農民が、あなたのみ前と世界の前で、万死に値することは明らかであり、また私は彼らを罰するように命を受けていることもはっきりしております//そして豚は殺せば殺すほど神の御意思に沿うのだとルターは主張する。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/8/3117:59:21

江戸時代、18世紀初めイタリアのシドッチという宣教師が来日し新井白石を説得しようとした。「神は絶対なんだ。」
力説するシドッチに対し新井白石「それなら神はなぜ、こんな不完全な世の中を何のために作ったのか」と問うと答えられなかった。天地万物自ら生成するものはないというのであればデウスは誰が作ったのだ?と問うても答えられなかった。

「なんでお前がわからないものを俺が信じないといけないんだ?」と反撃した。新井白石は悪魔みたいなものを信じなかった。
イエスさんの奇跡をローマ人は信じたのかもしれないけど新井白石は信じなかったですね。


キリシタン大名は奴隷貿易で利益を得たかった。

キリスト教布教を名目にしたポルトガルの日本侵略だった。
奴隷売買も重要な要素でした。
キリシタン大名たちに神杜・仏閣を焼かれた悲劇の歴史を重く受け止めねばならない。
仏教・神道迫害は、他のキリシタン大名の領地でも 広く行われた。
そのために天正15(1587)年、豊臣秀吉は伴天 連(バテレン)追放令を出した。

その理由は、第一に宣教師に よる信仰の強制、
第二にキリシタンによる寺社の破壊と僧侶へ の迫害、
第三に宣教師たちの牛馬の肉食、
第四にポルトガル人 による奴隷売買であった。
キリシタン大名が50万人の日本娘を奴隷に売却
近世に至るまで西欧列強によるアフリカからカリブ諸島、北米大陸への奴隷貿易は大規模で、
列強が繁栄を築く一つの礎となっている。
しかし、他国の人間を商品として売買するし、自国民を売り飛ばす訳ではなかった。
キリシタン大名が「自国民」を奴隷に売り飛ばすというのは?。


「徳富蘇峰の『近世日本国民史』の初版に、秀吉の朝鮮出兵従軍記者の見聞録がのっている。
『キリシタン大名、小名、豪族たちが、火薬がほしいぱかりに女たちを南蛮船に
運び、獣のごとく縛って船内に押し込むゆえに、女たちが泣き叫ぴ、
わめくさま地獄のごとし』。ザヴィエルは日本をヨーロッパの帝国主義に売り渡す役割を演じ、日本に火薬を売り込み、
交換に日本女性を奴隷船に連れこんで海外で売りさばいた.


天正少年使節報告書。

『行く先々で日本女性がどこまでいっても沢山目につく。ヨーロッパ各地で50万という。
肌白くみめよき日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、奴隷らの国にまで転売されていくのを正視できない。
鉄の伽をはめられ、同国人をかかる遠い地に売り払う徒への憤りも、もともとなれど、
白人文明でありながら、何故同じ人間を奴隷にいたす。
ポルトガル人の教会や師父が硝石(火薬の原料)と交換し、インドやアフリカまで売っている』と。

火薬一樽で50人の娘が売られていった悲劇。
キリシタン大名たちに神杜・仏閣を焼かれた悲劇。

1587年6月18日、豊臣秀吉は宣教師追放令を発布した。

日本人を奴隷として輸出する動きは、ポルトガル人がはじめて種子島に漂着した
1540年代の終わり頃から早くもはじまったと考えられている。
16世紀の後半には、ポルトガル本国や南米アルゼンチンにまでも日本人は送られるようになる。


秀吉は九州統一の直後、博多で耶蘇会のリーダーであったガスパール・コエリョに対し、
「何故ポルトガル人はこんなにも熱心にキリスト教の布教に躍起になり、
そして日本人を買って奴隷として船に連行するのか」と詰問している。
南蛮人のもたらす珍奇な物産や新しい知識に誰よりも魅惑されていながら、
実際の南蛮貿易が日本人の大量の奴隷化をもたらしている事実を目のあたりにして、

「バテレンどもは、諸宗を我邪宗に引き入れ、それのみならず日本人を数百男女によらず黒舟へ買い取り、
手足に鉄の鎖を付けて舟底へ追い入れ、地獄の呵責にもすくれ(地獄の苦しみ以上に)、
生きながらに皮をはぎ、只今世より畜生道有様」といった記述に、
当時の日本人奴隷貿易につきまとった悲惨さの一端をうかがい知ることができる。

奴隷貿易がいかに利益の大きな商業活動であったか、

ポルトガル スペイン他国への侵略 植民地政策は奴隷狩が目的だった。キリスト教布教は隠れ蓑だった。

大名たちがキリスト教に入信したのは
それに見返る莫大な密貿易による利益があったのではないか?
輸入するものは 鉄砲 火薬である。
しかし当時日本から輸出する主な産業品はなかった。
それでは何故 交換貿易が成立したか?
日本から輸出したのは若い娘である。

キリシタン大名・有馬晴信の庇護のもとで、宣教師たちは日本の寺院の仏像を破壊 し、
仏教徒の目の前で放火したりした。またキリシタンと僧侶 の間に争いが起きると、
晴信は僧侶を処刑すると脅し、財産を 没収した。
領民はこれを聞いて震え上がり、たちまち千人を超 える人々が改宗したという。
晴信は宣教師の求めに応じて、領民から少年少女を取り上げ、
インド副王に奴隷として送る。

秀吉は、イエズス会がそれほどの力を持っているなら、メキ シコやフィリピンのように、
我が国を侵略する野望を持ってい るのではないかと疑い始めた

日本の歴史教育ではキリシタン殉教者の悲劇は教えます。
しかし、天正少年使節団が報告した日本人女性50万人が奴隷として売買されていた悲劇を、
火薬一樽で50人の娘が売られていった悲劇を教えない。
当時 ポルトガル スペインの宣教師の目的は日本民族への侵略です。

密貿易です。
日本の大名に鉄砲 大砲 火薬を売り込み 代償に若い娘をさらい 奴隷として
売り飛ばし 暴利を得る。日本の植民地化 奴隷供給元としての侵略。


キリシタン宣教師達にとっては、学校や病院、孤児院を立て ることと、
日本やシナを軍事征服し、神社仏閣を破壊して唯一 絶対のキリスト教を広めることは、
ともに「人類の救済者」 としての疑いのない「善行」であった。

その独善性を見破った 秀吉や家康の反キリシタン政策は、国家の独立を守る戦いだっ た。
これが成功したからこそ、我が国はメキシコやフィリピン のように、
スペインの植民地とならずに済んだのです。

江戸時代、18世紀初めイタリアのシドッチという宣教師が来日し新井白石を説得しようとした。「神は絶対なんだ。」...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

len********さん

2017/8/3117:51:18

基本的には、江戸幕府とその権威の源である天皇よりも神様が上というキリスト教の考え方が支配の障害になったからです。
もちろん、西欧諸国の植民地建設の先兵としてのキリスト教を恐れたというのもあると思いますが、神の教えに反するなら将軍=幕府には従わないとする異分子が国内で大きくなることが脅威だったのです。
宗教勢力の恐ろしさは、信長、秀吉、家康などが一向宗にがてこずったことで懲りていたのに、キリスト教徒を中心とする抵抗も同じ性格を持っていることに気が付いたことが大きいと思います。神の名を唱え死を恐れない宗教者が武力を持つことは、島原の乱はじめ侮れない勢力になっていたからです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる