ここから本文です

ヴィパッサナー瞑想とマインドフルネス瞑想とサマタ瞑想の違いはなんでしょうか?

yos********さん

2017/8/3123:27:10

ヴィパッサナー瞑想とマインドフルネス瞑想とサマタ瞑想の違いはなんでしょうか?

ちなみに雑念や不安、恐怖などが襲ってきたときに
即座に自分の呼吸や体などに意識を戻すという方法と
その雑念などを客観的に眺めるという方法があると思いますけど
どちらをすればいいのでしょうか?

雑念や不安を客観的に見つめても消えないし、むしろ余計増大して
しまうのですけど…

補足皆さん、どうもありがとうございました

閲覧数:
275
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hariharaさん

2017/9/108:04:11

>ヴィパッサナー瞑想とマインドフルネス瞑想とサマタ瞑想の違いはなんでしょうか?

ヴィパッサナー瞑想から仏教的要素を除いた(と言われている)のがマインドフルネス瞑想ですね。こちらは観察系の瞑想ですね。

サマタは精神集中系の瞑想です。

>ちなみに雑念や不安、恐怖などが襲ってきたときに即座に自分の呼吸や体などに意識を戻すという方法とその雑念などを客観的に眺めるという方法があると思いますけど、どちらをすればいいのでしょうか?

前者は本質的にはサマタ瞑想ですね。

後者がヴィパッサナー瞑想です。

どちらでも良いんじゃないですかねえ。

>雑念や不安を客観的に見つめても消えないし、むしろ余計増大してしまうのですけど…

雑念や不安(想念)は消せません。

あなたは想念に対して完全に無力です。

想念は「消すのではなく、消える」のです。

「消えないし、増大する」ことに悩んでいること自体が、あなたが消そうと努力していることを意味します。

消そうと努力すれば、想念は増大します。

消えるまで放置するのがヴィパッサナーですね。

ただ、呼吸に注意を戻すことで、想念から焦点を外します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/9/6 19:17:18

勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2017/9/314:28:37

禅に「妄想する莫(なか)れ」という言葉があります。あらゆることに対して価値判断してはなりません。すべての苦しみは価値判断から生まれるのです。ただあるがままにしておきましょう。という意味になるでしょうか。

思考の価値判断作用が苦しみを生み出すのです。具体的には、こだわり、決めつけ、思い込みなどです。これらが煩悩と呼ばれるものです。

この思考の価値判断を止めるのがサマタ瞑想(止瞑想)です。

しかし、とっさの出来事に対して、思考の価値判断を止めることはなかなか難しいものです。これは潜在意識下のカルマ(業)が反応しているためです。この潜在意識下のカルマ(業)を消滅させてしまおうという瞑想法が、ヴィパッサナー瞑想(観瞑想)です。この瞑想法はお釈迦さまが開発したもので、実際お釈迦さま自身も、この瞑想法で悟りを開いたと言われています。

これが、今流行のマインドフルネス瞑想の原形ですが、いろんな本を見ると、サマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想とが混在しているものがあるようです。ご存知のように、ヴィパッサナー瞑想は心と身体を観察する瞑想ですが、観察することに意識を集中すれば、思考は止まりますから、ヴィパッサナー瞑想はサマタ瞑想を含んでいると考えられます。

不安や恐怖感が消えないというのは、やり方がおかしいのでしょうか。大切なことは、なぜ不安や恐怖感が生まれるのかを考えてはならないことです。その感情だけをとりだして、第三者の目で見るように、じーっと眺めるのです。加えて、ラベリング(心の中で実況中継)はしない方がよいでしょう。ラベリングをすれば、思考が動き出す可能性があるからです。

エックハルト・トール著「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」61頁には、「ペインボディ(煩悩?)をいつも観察していると、ペインボディと思考のつながりを断つことができます。思考とのつながりを断たれてしまったペインボディは、意識へと変わります。痛みが意識の炎を燃やすための燃料に変わり、結果的に意識の炎がいっそう明るくなるのです。これが、一般に知られていない、古代錬金術の解釈です・・・まず、自分の感情的な痛みに、意識を集中させます。それをペインボディだと認識します。・・・ペインボディについて、解釈してはなりません。判断を下したり、分析したり、自分の都合のために『ペインボディは○○が原因だ』などと決めつけないことです。」とあります。

この本にはヴィパッサナーという語句は出てきませんが、内容はそのものです。私はこの本で人生が変わりました。お薦めします。

2017/9/107:33:26

・ヴィッパサナー瞑想から仏教的側面を省いて
他宗教者でも入りやすくしたものが
マインドフルネスです

・雑念不安・・・はどうするか?
呼吸、身体、客観的、どれでも正解です
うまくいかない理由はたぶん雑念のエネルギー
より呼吸、身体、客観的、に見つめるるエネルギーが少ないと思います


:足をけがをして痛い時
足の痛み以上に手をつねったら足の痛みが消えるような事と同じです

・その他雑念の消し方
『雑念』と心で念ずる
『思考』と心で念ずる
『解ったよ』と脳が訴えてくる雑念、その他に話しかける
(子供が怪我したとき大丈夫だよと親が言うように)
承認、理解、=安心する
消えない場合は数度念ずる

これらを1度試してみて下さいね

瞑想は心が落ち着いている祭日や朝、寝る前が雑念が出にくいですよ

・ヴィッパサナー瞑想から仏教的側面を省いて
他宗教者でも入りやすくしたものが
マインドフルネスです...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる