ここから本文です

ZenPadシリーズについて質問です。

DP-CMX1さん

2017/9/102:18:55

ZenPadシリーズについて質問です。

ZenPadシリーズでは、

・7.0
・C 7.0
・C
.
・8
・8.0
・S 8.0
・3S 8.0
・Z8/Z8s
.
・10
・3S 10
・Z10

のラインナップのようです(グローバル版ASUS公式HP参照)。
これの「C」「S」「Z」というアルファベットは、何か意味があるのでしょうか?

同じくASUSから発売されるZenfoneシリーズは、「Laser」がレーザーオートフォーカス機能付きモデル、「Max」が大容量バッテリー搭載モデル、「Deluxe」が上位機種といったように、ナンバリングされる数字の後ろにこういった文字が来ていました。なのでZenPadシリーズにもそういった法則性はないのでしょうか。

閲覧数:
152
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

パレさん

2017/9/112:27:06

C と Z は、解らないですが、[S]は、上位グレードに付けられたコードなのは、確かです。

ASUSが、Google共同開発で仕上げた、[Nexus7]以降、Zenpadシリーズを出しましたが、コンセプトは、コストを抑える、ECOモデルでした。
なので、Sのコードが出る前の機種は、[Nexus7]の後継機では無く、廉価型として、シェアを伸ばそうとした機種だと思います。
スペックを見れば、よく解ります。

結果、[Nexus7]ユーザーも含めて、ASUSに対して、上位機種を求める要望が、高まったのは間違いないです。
満を持して出されたのが、[ZenPad S 8.0] です。
CPUもSoCも含めて、ハイエンドモデルを搭載し、解像度も1段上げた液晶にするなど、[Nexus7]の後継機として誇れるスペックになりました(当時)。

[ZenPad3]と[ZenPad3S]も、比較すれば、解ります↓
解りやすい違いとして、CPUが、
<Snapdragon 650>から、<Snapdragon 652>へと変更されてます。
これは、ヘキサコア(6個)から、オクタコア(8個)に変更されているってことです。

これらの経緯を見ると、新機種をリリース際に、初期モデルは、市場の価格帯に合わせて、重要視するのが、あくまでも、売値で、そこに、当時の生産コストで収まるバランスで開発するってことですよね。
で、次の新機種へと行く前に、初期モデルでの生産ベースで、上位モデルをリリースするって見えます。

ちなみに、この[S]のコードに関係ないのが、Zenpadの7インチモデルです。
エントリー型の廉価版が、[C7.0]で、ハイエンドモデルが[7.0]でした。
多分、[Nexus7]を意識したのかな?と思います。
(後継機とは、呼べないスペックですが)

  • 質問者

    DP-CMX1さん

    2017/9/323:58:24

    なるほど、回答ありがとうございます。

    では「3S」の「3」とは何なのでしょうか。
    「7.0」や「8」などは画面サイズであることはわかるのですが、残るそれだけが唯一わかりません。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる