ここから本文です

アカギの浦部戦のオーラスについて 名場面として知られる浦部戦ですがオーラス...

aho********さん

2017/9/302:32:03

アカギの浦部戦のオーラスについて

名場面として知られる浦部戦ですがオーラスの浦部の打ち回しに一つ疑問があります。

ドラ7m、7sのオーラスの終盤で
アカギは7s暗カンと7pポン

とチーで三副露しています。
浦部はアカギの三色同刻を警戒していましたが
ツモった牌が7mで、手の内に7mが2枚見えたため
アカギの手に7m暗刻の可能性が消えました。

このとき、浦部はロンの可能性のない北を安牌として切りましたが
よくみると上家の河に發が2枚切れているので
ポンもロンもかからない發を切れば確実に流局にできました。

北を切ると河底が自分に回ってくるので
警戒していれば絶対發切りだと思うんですけど、これは作者のミスなんですかねえ。

閲覧数:
354
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

feedbackさん

編集あり2017/9/816:11:32

そのとおりです。
浦部はまさかアカギが海底狙いだとは思っていませんでしたから、アカギの手にはタンヤオと三色同刻だけしかアガリ目がないと思い込んでしまっていますから、發も北も同じだと考えたのでしょう。
あそこで絶対安全の發を切ってくれなかったのは正直残念。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる