ここから本文です

付き合って2か月になる彼女のことでご相談があります。 彼女は下あごが少し小さ...

アバター

ID非公開さん

2017/9/320:50:22

付き合って2か月になる彼女のことでご相談があります。
彼女は下あごが少し小さい骨格で無呼吸症候群などではないのですが、イビキをかきます。
いびき外来も行ったみたいなんですが、すぐに

治療する事は出来ないと言われています。
ネット等で調べると手術で治すことは出来るそうなんですが、お金もかかってしまうので彼女に無理に言いたくはありません。
ただイビキの影響で僕のワンルームの部屋に彼女が泊まりに来た翌日の仕事に影響が出るのも事実で、
どうすればいいのか悩んでいます。
その他に鼻にも何か問題があるようで、いつも鼻をすすっていています。
この事以外はとても優しくて思いやりのある子で大好きなんですが、ずっと一緒にいる為に
どうやって問題に向き合うかアドバイスをよろしくお願いします。

閲覧数:
227
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

2017/9/414:10:38

顎の大きさななんて、後からとってつけた理由でいびきとは関係ないです。

いびきの音の大きさは、①口呼吸+②呼吸の強さ+③組織の震えやすさ(喉の奥の狭さ)です。同じような生活でもいびきをかかない人は、口が開いてなければ音は聞こえ辛い+呼吸が弱ければ音が激しくならない+肥満がなく、顎も小さくなく、ノドチンコも小さいと、寝息の少し大きいくらいで済む人がいます。
この辺は体質の違いもあります。

① 口呼吸は、鼻呼吸運動やテーピングなどで癖をつけること。
② 呼吸の速さは、疲れたり、暑すぎない様にすること。
③ 組織の震えやすさの原因の一つは、気道の狭小化です。
「完全いびきコントロール」を検索してください。

気道の狭小化を防げばいびきはかきません。
サプリもいびき解消ツールも手術も必要ありません。

鼻呼吸や横向き寝も、根治とはいえません。
もちろんダイエットやあいうべ体操などではなく、その日から効果がある方法なので、少しづつ鍛えるような努力も必要ありません。
ちなみに無呼吸症候群も同じ理由です。

医学博士の新谷弘実の著書「病気にならない生き方」の中でも紹介されています。
ストレスも胃に来ますし、喫煙も原因になります。

お金も手間もかからないので、一度試してみれば、
いびきが納まることが分かると思います。

それでも納まらないとか、そんなの続けられないと思ったら、
その時は同じサイトで紹介している安眠家具を使うといいです。

アバター

質問した人からのコメント

2017/9/4 19:56:31

ありがとうございました。
参考にしてみます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fuu********さん

2017/9/408:27:06

いびきの解消例も多々あるそうです。
あいうべ体操
舌根沈下を防ぎます。
人の睡眠に影響するほどのいびき。
彼女さんも熟睡できていないでしょうから
何とか解消できるといいですね。
どこかで直さないとずっとということになります。
スヤスヤとリラックスしてぐっすり質の良い睡眠は
身体のメンテナンスをし疲労回復にとても大切です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる