ここから本文です

交通事故の専業主婦の休業損害について質問です。 通院期間8カ月10日。通院164...

kenjihgさん

2017/9/713:10:49

交通事故の専業主婦の休業損害について質問です。

通院期間8カ月10日。通院164回(うち接骨院82回)
むち打ち後遺症認定無しです。

現在、弁護士を通して相手保険会社と交渉中です。

回の交渉で
治療費1770440円
交通費37695円
休業損害371052円
慰謝料1060000円
合計3239187円
受取額1468747円
となっています。

この中で休業損害の金額が納得いきません。
休業損害の算定計算式は
10307円/日×120日×30%=371052円です。

事故の影響で主婦業に大きな影響があり小さい子どもがいるため
実家の母に手伝いに来てもらったり家事ができないため月10日ほど実家に帰ったりしていました。
弁護士にはこれ以上増額の交渉は難しいといわれています。

増額を得るため裁判も考えていますが、確定までの期間と労力、あまり変わらなかったり減額する可能性もあることを考えるとこの金額で示談するべきなのか悩んでいます。

もう少し増額する可能性があるとか難しいとか、その根拠など助言いただけると助かります。

よろしくお願い致します。

閲覧数:
828
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

松浦さんの画像

専門家

2017/9/1400:36:15

交通事故・後遺障害を専門とした行政書士です。

通院慰謝料は裁判基準では妥当ですね。
自賠責基準・任意保険基準・裁判基準等の参考
http://mutiuti110.jp/compensation/kizyun.html
http://jiko110.org/accident/standard.html

しかし、主婦の休業損害が、金371052円は少ないと思います。
何故、120日間の30%なんですか?
法律的根拠が無いと思います。


後遺障害認定無しは非該当ということでしょうか?
後遺障害が認定されると、全体を通して、症状が重い(主婦の休業損害の程度は重いい)と判断されますので、後遺障害の異議申立てを検討してください。


それとも、後遺障害の申請すら、していなかったのでしょうか?
後遺障害の申請をしていないのなら、4ヶ月(120日)程度で、症状は家事就労に影響がないぐらい改善している、といった考え方もございます。

しかし、通常は交通事故直後が一番症状が重たく(100%)徐々に改善していき、4ヶ月後が妥当かはともかく、改善していく(30%)ものです(逓減方式)。

そのように考えると、一律して30%でしかも4ヶ月間の期間では、主婦の休業損害として、法律的な説明が付きません。

裁判例でも、私が説明する逓減方式か、または通院回数×10307円(裁判基準の主婦の休業損害)が殆どです。


私(行政書士)は、示談交渉は出来ませんが、私(行政書士)が作成した主婦の休業損害では、もっと裁判例に近い金額で示談しているようです。

今回は、交通事故に精通していない弁護士依頼したと、諦めるか、交通事故専門の違う弁護士に相談することをお勧めします。

なお、交通事故専門の弁護士でも、費用対効果が合わなければ、手抜きされますので、注意してくださいね。

参考になれば幸いです。
以上です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

松浦さんの画像

松浦 靖典

行政書士

交通事故専門の行政書士です。お節介な程熱意をもって接します。

[お知らせ] 全国対応・毎月3名 限定無料キャンペーン! 後遺障害・異議申立の等級認定の可能性を無料判断 □ 傷みやしびれ等が残っているけど、申請すれば後遺症に認定される? □ 等級の認定結果が非該当だった、なんで認定されないの? やむち打ち症状...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aj332kaさん

2017/9/716:18:13

平均給与で120日(全く家事ができなかったわけではないので30%ですが)の休業損害が認められています。
鞭打ち症なのに8カ月間も治療が認められているし、整骨院治療が多いことから弁護士が交渉したのでここまで容認されたと考えるべきです。

裁判に持ち込んでも良いけれど、
個人的には保険会社が8カ月の治療の妥当性を争点にすることも考えられるので、弁護士の意見を尊重してこの辺で手を打った方が良いと思います。

marimo31568さん

2017/9/715:08:05

接骨院にしたらあなたはBIP患者だから
接骨院に請求しましょう (^◇^)

jgqwt843さん

2017/9/715:03:16

他の方と同様の意見ですが、治療費が異常に高額です。おそらく 接骨院へ通院が原因と思われます。この分がなければ、増額も可能だったと思います。また裁判になると、相手方はおそらく「接骨院への通院は認めない」と言い出し、現在の提示額の中から、接骨院への支払い分を相殺しようとするので、さらに受け取る額げ減る可能性もあります。

2017/9/714:31:38

お前、どんだけ金にトチ狂ってんだよ。

金がほしけりゃ、その分働け。カス
不労所得に甘えてんじゃねーよ。

お前みたいな、お金大好き人間って、ほんと醜いわ。

your_face703さん

2017/9/713:36:59

弁護士は裁判基準で物事をすすめていきますからね。
裁判になってもこの位の判決ですよ~って事ですが…

それに主婦休損は丸々認められるものではありませんからね。
事故当初と数ヶ月経ってからの痛み具合が同じ訳がなく、日にちが経つにつれて減額されていくのが当たり前です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。