ここから本文です

中村文則さんの

アバター

ID非公開さん

2017/9/719:59:42

中村文則さんの

「去年の冬、きみと別れ」
のような、もう一度読み返したくなる
ような、小説を教えてくだい。

どんでん返しがあるとか、先がよめないとか…
根底が覆る、みたいな小説が知りたいです。

ミステリーでなくても大丈夫です!

閲覧数:
511
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ryo********さん

2017/9/807:04:30

個人的に一般小説にはあまり好みの作品が無く
挙げられた作品も知らない為「ような」と言われてもわかりませんが、

ミステリーを中心に挙げるので参考までに。
個人的にはラノベになります。

お薦めのアニメとして一覧をあらすじ付きで書いたので
良ければ参考までにご覧ください。
http://seesaawiki.jp/anime_recommend/
以下、数作抜粋+追加。


●ノーゲーム・ノーライフ(本編 既刊9巻)
駆け引きに長けた兄と天才的な数学力を持つ妹、
ゆえに負け無しの兄妹が、ゲームで何でも決まってしまう異世界へと飛ばされ、そこで人類種、魔法が使える種族らを相手にゲームするという話。
――――――
ミステリーではありませんが
たった1手で3手も4手も先を見越した手を打ってる主人公が凄いので
頭脳戦の最高峰だと思っています。


●Re:ゼロから始める異世界生活(本編 既刊13巻)
少年はある日、気付いたら異世界にいた。
とにかく情報を集めようとするのだが上手くいかず、
暴漢にからまれたところである少女に助けられる事となる。

その少女にお礼をしようと彼女の探し物を手伝おうとするのだが、
その途中で何者かに揃って殺されてしまった……と思ったその時――。
――――――
理不尽が襲いかかる絶望感と、先が読めないミステリーは圧巻で、
話が進むにつれ面白さが増していきます。


●六花の勇者(既刊6巻)
凶魔を倒す為に選ばれた六人の勇者たち。
しかし、集まったのは七人だった。
つまり――この中に一人、敵がいる。
――――――
人狼ゲームな作品。
冒険ファンタジーかと思いきや謎解きが始まって、
しかしそれが本編っぽい感じで中々面白いです。


●サクラダリセット(全7巻)
リセット――その一言で世界は三日分、死ぬ。
そんな能力を持つ少女と、
リセット後の世界でも記憶を保持する能力を持つ少年が、
超能力が使える町で依頼を解決する為に奔走するミステリー。
――――――
いくつもの伏線が撒かれ、回収される様は惹き込まれます。


●空ろの箱と零のマリア(全7巻/未アニメ化)
主人公のクラスに転校してきた少女に宣戦布告される。
「私はお前を壊すために、ここにいる」――と。
少女は少年の事を知っている。
そして知らないはずの少女の事を、少年は忘れている。


――――――――――――――――――
以下は漫画ですが、個人的に今まで読んできたもので最高傑作なので。

推理作家が話作りを担当したもので、
濃密な推理、二転三転する展開、ミスリード、頭脳戦、どんでん返し、
様々な要素一つ一つのクオリティが高いです。


●絶園のテンペスト(全9巻+特別編1巻)
妹を何者かに殺され、孤島に流された史上最強の魔法使いの手を借りて
復讐を誓う少年と、仕方なくついていく事になった少年、
敵対する魔法使いと大樹、それぞれの思惑がぶつかる
魔法・バトル・推理の復讐劇。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる