ここから本文です

いま肺気量区分について勉強中。IRV、ERV、FRC・・・色々略語があり 英語での意味...

独身男爵さん

2017/9/1816:00:05

いま肺気量区分について勉強中。IRV、ERV、FRC・・・色々略語があり
英語での意味を理解してなんとか覚えましたが、いまひとつ
capacityとvolumeの違いがわかりません。

最大吸気量・・・inspiratory volumeでIVかな・・・あ、capacityでICだった!といった具合に。
volumeとcapacityの肺における考え方の違いを教えていただけないでしょうか。

閲覧数:
307
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lig********さん

2017/9/1914:46:16

完璧なる解答ではないかもしれませんが、

capacityとは収容能力、最大限の収容力という意味があります。
つまり、頑張った時の最大ということです。
もしくは、収容力、ここまでは空気入れられますよみたいな。

Volumeは単純な量というイメージ。最大とか、どれだけ入れること出来ますかってイメージではない。単にどれだけの量?ってイメージ。

C:capacityのつく用語
最大呼気量→最大だからIC
機能的残気量→残気量としての最大残気量
=ここまで残気量とすることが出来る FRC
肺活量→最大限に吸ったり吐いたりできる空気量 VC
全肺気量→肺の中に存在させられうる最大空気量 TLC

あとは、
普通の換気=一回換気量=TV
予備呼気量IRV=IC-TV
最大のっていうより、予備の量、どれだけ収容できるかみたいなイメージでないのだと思う。吸気量に対して、最大はどうなの→最大吸気量ってなる。けど、予備呼気量は、呼気量の予備量どんくらいってことだから、Volume、これだけ、予備あるよって。
予備呼気量ERV
予備吸気量IRVと同じ。
残気量RV
頑張って、残気量上げるとがじゃない。残気量って、収容力みたいな、どれだけ、残すこと出来るのってイメージではない。最大残気量ではない。どれだけ残った量は何?って感じ。

少し、分かりにくかったら済みません。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる