ここから本文です

投票受付終了まであと7日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

雇用保険加入期間、及び失業保険についての質問です。 平成27年度4月から9月...

アバター

ID非公開さん

2017/9/1323:46:53

雇用保険加入期間、及び失業保険についての質問です。
平成27年度4月から9月末までの6ヵ月間雇用保険に加入していました。(A)
その後、少し空いて同じ会社で今度はアルバイトとして数か

月働いていました。(B)
そして平成28年10月から今年の6月末まで、別の会社でパートとして雇用保険に加入していました。(C)
全て自己都合退職です。

先日、ハローワークへ失業保険の申し込みに行ったところ(C)の雇用保険加入時期が10月5日とのことで、これは一か月分として数えられないため、この会社での加入期間は8か月半としてカウントされると思うと言われました。
(A)の期間と合わせても12か月中、ぎりぎり11か月半にしかなりませんでした。
しかし、ハローワークの方から(A)または(C)における退職理由が実質会社都合(度の過ぎた残業やパワハラ等)である場合、
もしくは、(B)の期間分の雇用保険に加入できる場合はその限りではないと教えてもらいました。

長くなってしまい申し訳ありませんがここで質問です。
(B)の期間の契約条件が確か、書類上は週20時間以下と書かれていたと思いますが、退職まで週20時間を切った月は無かったと思います。
この場合でも、遡って雇用保険に加入することは難しいでしょうか?
また、(B)の期間に社内でごたごたがあり、ひと月ほど勤務時間が倍になりました。
また、そのために退職月がふた月ほど延びました。
このような背景にあっても、上記同様遡って雇用保険に加入することは難しいでしょうか?

もし、これらの理由から雇用保険に後から加入できる公算が高い時は、その時の会社へ連絡してみようと思います。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
15
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

回答

1〜1件/1件中

2017/9/1400:58:22

Bでの契約が30時間未満であったとしても、
実態として30時間以上、数か月働いたというのであれば、
遡って認めてもらえる場合があります。

こちらを請求するには、まず、ご自身の給与明細(B)などを
準備し、どれくらいの期間何時間働いたかの資料を集めて
ください。

次に、ハローワークの雇用保険窓口で相談されてみてください。

個人で交渉するのはちょっとむつかしいと思われますので、
雇用保険係から連絡してもらえると良いかもしれません。

遡りでの加入は、事業所が加入と喪失の手続きをするだけなく、
雇用保険料の追加支払いなどをしなくてはなりません。

こういった手続き等も雇用保険係の方にお願いしたほうが、
スムーズかもしれません。

(もし、明細等がなければ、雇用保険係の方が会社に請求
してくれると思います。
なお、労働基準法第109条の規定により、賃金台帳等は、
最後の記録をした日から3年間の保存義務がありますので、
会社に必ずあるはずです)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。