ここから本文です

普通養子縁組についての質問です。縁組が成立しても、『実親との法定親子関係に変...

アバター

ID非公開さん

2017/9/1519:14:49

普通養子縁組についての質問です。縁組が成立しても、『実親との法定親子関係に変更はない(実親を相続できる)』とテキストに書いてあるのですが、養子は、実親の嫡出子であり、養親の嫡出子でもある場合があるとい

うことでしょうか??

非嫡出子しか養子になれないと思っていたのですが勘違いでしょうか??

例えば両親が逮捕されて長期間服役しなければならなくなった場合、養親に引き取られたら、服役中の実親の嫡出子であり、養親の嫡出子でもあるということですよね?
さらに、養親が亡くなったとして、新たな養親に引き取られたら、実親の嫡出子であり、最初の養親の嫡出子でもあり、さらに新たな養親の嫡出子でもあるということ合っていますでしょうか???つまり実子であり養子である人がいるということでしょうか???

補足子の分類で、テキストでは実子(嫡出子と非嫡出子)と養子(普通養子と特別養子)の2つに分かれているのですが、上での例のように、嫡出子で両親が服役し養子になった場合、実子であり養子であるということになりますか???

閲覧数:
154
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aau********さん

2017/9/1519:43:38

「場合がある」ではなく、「養子は養親の嫡出子の身分となる」が正しいです。

『第八百九条 養子は、縁組の日から、養親の嫡出子の身分を取得する。』

嫡出子は本来は「婚姻している男女から生まれた子」という意味です。
養子は養親夫婦から生まれた訳ではありませんが、養親と「血族関係」が生じます。
つまり「養親の『正統な』子」という事になりますので、「嫡出子」という身分になるのです。


非嫡出子しか養子になれないというのは、「実の親と養子縁組出来るのは非嫡出子だけ」というのを一部だけ、引用しているのでは?

基本的に実の親子関係がある場合は養子縁組は出来ません。
しかし、子が非嫡出子の場合。
母親の再婚相手と養子縁組する際には実の母親とも養子縁組をする事で、非嫡出子から嫡出子へとなります。

「嫡出子」の「嫡出」は「正統な」という意味で受け取られ、「実子と同等の身分」と置き換えれば、納得なさると思います。

因みに、養子縁組は何組も行えます。
実の両親が存命であり、養親A、養親B、養親Cと親が四組もいる人もいます。
別に先にした養子縁組を離縁しなくては新たな養子縁組が出来ない訳ではありません。
母親が離婚再婚を繰り返し、再婚の度に継父と養子縁組をし、母親が離婚をしても養子離縁をしなかったら、そうなっちゃいますね。

アバター

質問した人からのコメント

2017/9/15 19:51:24

非常に分かりやすい回答ありがとうございました!!!
補足ですが、母の実子であり、母の再婚相手の養子である場合など、当然に実子であり養子であることはあることだと理解出来ました。
素晴らしい回答ありがとうございます!!助かりました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2017/9/1519:30:23

嫡出子とは、婚姻した夫婦の間で産まれた子供の事ですから、もし養子に出た場合は、養夫婦の子供ではありますが嫡出子とは言いません。(実子扱いですが)

そのテキストで言いたいのは、養子に出された子供は、養夫婦の実子扱いですから、養夫婦の財産を相続する権利があります。が、実親の相続権もあると言う事ではないでしょうか?

mar********さん

2017/9/1519:29:29

そもそも、嫡出子とは、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子どものことをいいます。つまり、「養親の嫡出子」とは言いません。「養親の養子・養女」です。
戸籍の父母欄には、実父母と養父母の2組の親の氏名が記載されます。養子は、どちらもが親です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる