ここから本文です

そしてに父になる を見て思ったんですが、むりに子供を交換する必要ってあるんで...

hdjdhshbdbsさん

2017/9/1621:51:58

そしてに父になる
を見て思ったんですが、むりに子供を交換する必要ってあるんですかね?
6年も育てたんなら親が違くてもそのまま育ててもよくね?って思いました
急に親が変わるのも子供か

らしたら可哀想じゃないですか?

皆さんの意見も是非聞かせてください。

閲覧数:
46,244
回答数:
78

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bainiao56さん

2017/9/1723:19:21

それは、そうだと思いますね、私も。
ですが、血筋というものにこだわるのもまた人間ですよ。
もっと大きくなってから、自分が親の血を引いていなかったと分かったショックから、胃に穴が開くほどのショックを受けて、それがずっとトラウマになっていた人を知っています。
親が知っていて、子供に知らせるのなら、早いうちということも言えるでしょうね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「そして父になる」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/77件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/9/2321:16:32

昔、取り違え事件はよくあったらしいです。
判明した殆どが、実の両親の元に戻ってます。

分からないままで、親が亡くなってから最近になって判明した
ケースもありました。
でも取り違えの兄だけが兄弟の中で
何かが違うと家族中で思われていて、
関係悪化で、大人になってから絶縁状態のようでした。
そして、親が死んでから兄と両親のDNAを調べて
兄の産まれた病院から、実の兄をDNAを調べてもらい
本当の兄を見つけ、再会した兄弟がいました。
再会後、実の兄に両親の遺産を受け取る権利がある、
取り違えの一緒に育った兄は両親の実の子ではないのだから
権利はないと他の兄弟が実の兄に渡したくて
一緒に育った血の繋がらない兄と
揉めてるのをニュースでみました。

育った6年より今後の人生の方が長いのですから
いいえ、18年育ってても30年育ってても
実の親子は求め合うんですよ。

中国残留孤児だって30年経っても50年経っても
育ててくれた親に感謝しても
実の親に会いたい、実の兄弟
「肉親に会いたい」という気持ちに揺れるそうです。

これは、当たり前に実の両親に育てられた人、実の子を
育てている人には分からない感情なんだと思います。

pukuhinoさん

2017/9/2219:17:13

その映画は見ていませんが、

6年なら交換もありかもと思います。
小学校に入学するタイミングだし、これから何十年も暮らすことを考えると、やはり実の家族で暮らすのがいいと思います。
家族の気持ちの繋がりはこれから築いていけばよい。
それまで育てた子どもとも連絡を取り合いつつ、少しづつ家族を取り戻していけばいい。
そう思います。

いくらそれまで可愛がったとしても、本当の子どもが別にいると思いつつ生活をするのは無理がありますよ。

riririnextさん

2017/9/2217:14:55

よその子供だったとしても、6年も育てると勿論、愛情はある。

でも、本当の子供が、いたのなら、育てたい。

感情だけでは割りきれない何かがある。

二人とも自分の元で育てられればいいが、じゃあ、相手側の夫婦は、産みの子供も育ての子供も手離さなくてはならない。

と、なると、

法的に見て、

本当の子供と生活する事になるのでは・・・

yo_shi_0000さん

2017/9/2110:44:50

私も、観た後は交換とか考えるかな?今更。って思いました。
自分も5歳になる息子がいて、今更違ったって言われても絶対返したくないって思ったから。
でも、ここの他の方の回答を読んでいて、それだけじゃないんだなーと思いました。
そんな単純な話ではなくて、養子とかなら別だけど、間違ってとり違ってしまったわけで、だとしたら、子供の立場に立ったときどうなんだろうって。
今の時点だけ考えれば、今までお父さんお母さんと思ってた人が違うって言われて交換されても困るけど、でも将来、どう思うかな。
特に、この物語でいえば、本当は福山の子供だった子の方は…
学歴とかお金とか、大人になると、やっぱりないよりあった方がいいって思うかもしれない。その時、本当なら自分は…って思わないかな。
福山の方も、育ての子供が勉強とか出来ないとき、やっぱり自分の子供じゃないからって思わないかな…。

色々考えると、今の時点ですぐ交換とかは無理だけど、交流は重ねていて、お互いの子供の育て方とかも一緒に話し合ったりして、将来、子供が大人になった時点で選択させるのもありなのかもなーと思いました。

bopbeenbap8さん

2017/9/2023:27:03

両家族には経済力の差、教育の差、愛情の差がありました。
一見すると、両家族にはそれぞれ良さがありそのままでもいいじゃんとも見えるのですが、この物語においてピアノというのが一つのキーになっています。ピアノの発表会から始まるのもその為だと思われます。
ケイタが育てられた家には立派なピアノがあり、レッスンも受けていました。しかし、実の両親にピアノを買ってやる余裕はありません。
一方リュウセイは、弾きたいけど弾けないのでデタラメに叩き叱られてしまいます。
この物語においてピアノというのは将来起こりうる、差を揶揄していると考えます。親が違うというのは将来も運命も変わってしまうのと同じ事です。
結末について色々な考察がありますが、結局は分かりません。子どもの意思を尊重し血の繋がらない子への絆を選んだのか、実の子を選び両家族が面会する日に会いに行くのか。
実話では交換したようですね。
どちらが幸せか不幸かは分かりませんが、恐らく可哀想なことにならないように親が努力していくのでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。