ここから本文です

納豆菌の生命力について質問です。 ある記事なのですが、納豆菌の生命力が強す...

sns********さん

2017/9/2016:04:45

納豆菌の生命力について質問です。

ある記事なのですが、納豆菌の生命力が強すぎて、「宇宙空間でも死なない」 という噂が、ネット上に広まっていると書かれているのですが、ここで以下の質問です。

1.なぜ納豆菌は、熱にある程度の耐性があるのに、100℃で10分間煮沸するとだいぶ死んでしまうのでしょうか?

2.納豆菌は、ガンマ線で死ぬことは判明しているが、死ぬ数値は、具体的に不明だと書かれているが、なぜ、そのような実験や研究が成されていないのでしょうか?

3.納豆菌を同じ種類である、枯草菌やBt菌も、1と2の問いと同じ、ガンマ線や煮沸でも死ぬのでしょうか?

4.納豆菌と同じ種類である枯草菌やBt菌も、納豆菌と同じクマムシ並みの生命力を持っているのでしょうか?

●『「納豆菌が強すぎて、納豆厳禁の職場がある」「宇宙空間でも死なない」 ネットに広がる“納豆菌最強伝説”はどこまで本当?』↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000003-it_nlab-sci

納豆菌,枯草菌,ガンマ線,生命力,クマムシ並み,芽胞,クマムシ

閲覧数:
306
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nfk********さん

2017/9/2016:11:47

>1.なぜ納豆菌は、熱にある程度の耐性があるのに、100℃で10分間煮沸するとだいぶ死んでしまうのでしょうか?

熱に耐性があるのは芽胞と呼ばれる胞子のような状態の時だけです。普通の増殖相では煮沸で死にます。芽胞を作る細菌は納豆菌(枯草菌)に限らず芽胞は強いです。
だから、煮沸消毒(いまは余りやらないけれど昔は病院なんかでもやっていた)をするときは、一旦煮沸してから時間をおいてもう一度煮沸するんですね。時間を置くことで芽胞が増殖相に移り煮沸消毒が効くようになるからです。

>2.納豆菌は、ガンマ線で死ぬことは判明しているが、死ぬ数値は、具体的に不明だと書かれているが、なぜ、そのような実験や研究が成されていないのでしょうか?

医療器具などガンマ線滅菌されているものは多いんですけれど、これだけ当てれば病原体は全滅するという線量だけ分かっていればいいわけで。「死ぬ数値」ってことは、全滅させるための最小線量とか、50%が死ぬ線量だとかを実験で求めるわけですが、わかったところで実用性は薄いですね。

>3.納豆菌を同じ種類である、枯草菌やBt菌も、1と2の問いと同じ、ガンマ線や煮沸でも死ぬのでしょうか?
>4.納豆菌と同じ種類である枯草菌やBt菌も、納豆菌と同じクマムシ並みの生命力を持っているのでしょうか?

1で触れたとおり。クマムシだって乾眠状態じゃなく普通に生活している相では簡単に死にます。枯草菌も芽胞状態でなければたやすく死にます。
乾眠や芽胞状態のように生体内に遊離の水分がほとんどない状態では、エネルギーを与えても化学反応がおこらないことが死なない理由として大きいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる