ここから本文です

90年代からK-1観てましたけど、バンナって体重120kgくらいに なってからパワーが...

プロフィール画像

カテゴリマスター

ger********さん

2017/9/2016:35:00

90年代からK-1観てましたけど、バンナって体重120kgくらいに
なってからパワーが増した反面スタミナが無くなりましたね。

かりに110kgくらいだったら、スタミナ不足は解消されてたと
思いますか?
アーツもホーストもボンヤスキーも身長はバンナと同程度
でしたが、3人ともバンナほど重くなかったおかげか
後半もそこそこ動けるタイプでしたが

閲覧数:
78
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ace********さん

2017/9/2022:25:38

体重もあるけどスタイルもあるでしょうね。
パンチ主体でラッシュを仕掛けるので
スタミナは速く切れます。

蹴りも使いつつ中間距離でプレッシャーを掛けて、
いざという時にパンチをまとめるタイプだと
そんなにスタミナをロスしません。

ホーストはスピードがあったので
高速コンビネーションも
個々ぞという場面で使いましたけど
アーツやボンヤスはそんなに
パンチを叩き込まなかったでしょ。
単発とは言いませんが、バンナのように
短い時間に連打を叩き込んだりはしなかったです。

質問した人からのコメント

2017/9/21 06:39:04

アーツはパンチを打った後、キックを放ってましたし、
捕まえて膝蹴りでしたもんね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる