ここから本文です

確定拠出型年金の運用方法で、悩んでいます。 現在、約300万円で資産運用を行っ...

sw5********さん

2017/9/2022:22:40

確定拠出型年金の運用方法で、悩んでいます。

現在、約300万円で資産運用を行っています。
内訳として、
国内株式 『DIAM DC国内株式IDX』約100万円
外国株式 『三菱UFJDC

海外株式インデックスファンド』約200万円を
運用しており、資産評価額がプラスになった分、元本確保型の商品へ
スイッチングしています。

具体的には、
外国株式 三菱UFJDC海外株式インデックスファンド
200万円 ⇒ 210万円(資産評価額)⇒ 約10万円分の口数で、
元本確保型の商品を購入しています。
こんなかんじで、月に3~4回ほど、やりとりしていますが
ちっとも、儲かった感じがしません。
と言うのも、
6月は、2万円分の口数を2回、元本確保型へ
7月は、1万円分の口数を3回、2万円分の口数を1回、元本確保型へ
8月は、1万円分の口数を1回、2万円分の口数を2回、元本確保型へ
9月は、2万円分の口数を2回、4万円分の口数を2回、元本確保型へ
利益確定(約26万円)したと、思っているのですが
総資産評価額が、全然伸びません。
⇒ 2017/9/20 現在、総資産評価額 約314万円です。


もしかしたら、
株式の一部を元本確保型の商品に、置き換えただけなのかもしれないと
危惧しております。
サポートセンターに問い合わせても、
『色々な運用方法が、ありますので、難しい』と、相談にならず
今回、この様な形で、相談に上がりました。
どうぞ、皆様 ご教示下さい。よろしくお願い致します。

閲覧数:
732
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sy_********さん

2017/9/2100:26:23

細かい計算はできませんが、個人的には元本確保型へ移す意図が理解できません。
儲かった分を減らしたくないということなのかなと思いますが、結局、投信ファンドの口数を減らしてることになりますよね。積立は、一にも二にも口数を増やすことが肝心です。そして、来る年金受け取りの時、積み上がった口数を売却して現金化することになります。

イメージとしては、毎月分配型ファンドで分配金を受け取っているような状態に感じます。これでは、平均取得価格も下がらないし口数も増えませんよね。積立ファンドの福利効果をみすみす放棄しているよな気がします。

以上、専門家ではありませんので個人的に感じたことを書いてみました。

質問した人からのコメント

2017/9/24 04:28:01

皆さん同じ意見をお持ちのようで、勉強になりました。
改めて、運用方法を見直します。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/9/2108:48:36

複利効果の恩恵を受けなくされてます。また 信託財産留保金(0.1-0.3%程度)を取る投信があると その分も損をします。

例えば 長期的な利回りが4%だとすると、sw5522504706103679さんのやり方だと単利で、30年やっても複利に比べて増えません。概算(^はべき乗)下記です。

単利 1+0.04x30年=2.20倍
複利 1.04^30年=3.24倍

期間が長くなればなるほど 利回りが高ければ高いほど、差は大きく広がります。積立は60歳までですが、運用は70歳までできます。

boo********さん

2017/9/2100:36:09

リバランスなんて年に一回か二回で十分です。複利効果をあえて出さないようにしてる。増えるものも増えません。やり方を変えた方がよろしいのでは?そこまで細かくやるなら現物株でもFXでもやった方がよい。

じっくり。

tox********さん

2017/9/2023:11:39

ここで皆さんに聞く質問かい?

ソウルの天気をアラスカで聞くようなもんだ!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる