ここから本文です

名鉄について。

アバター

ID非公開さん

2017/9/2422:12:06

名鉄について。

詳しい方お願いします。

とても些細な疑問です。
常滑線に大野町駅という小さな駅があります。
名鉄開業当初は終点で、常滑までの延長後も大野町駅で折り返す電車があったと聞いたことがあります。
今では、中部国際空港まで延びていて、大野町で折り返す運転も行われていません。
空港開港時、すでに折り返し運転はなかったように思います。
しかし、一部の車両かもしれませんが、
行き先表示「中部国際空港」「常滑」「太田川」など今でも使われている行き先の表示が、くるくる回って変わる時に、「大野町」を見たことがあります。

なぜ、現在でも行き先表示に、「大野町」は残されているのでしょうか?

閲覧数:
191
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/9/2522:12:15

本当に「使わない」と判断された幕は撤去されていますので、経路や駅が現存している幕については一応残しているのかもしれませんね。

本線系車両で撤去された幕と理由は

・大須…路線および駅が廃止されたため
・上飯田…保安装置の関係で入線できなくなったため
・知立経由 吉良吉田…三河線・碧南~吉良吉田間が廃止され、経由の区別をする必要が無くなったため
・新安城経由 吉良吉田…「知立経由~」と同じ理由

となっています。

大野町の他にも、明智、森上、柏森などの幕も残されていますね。

  • 2017/9/2823:15:51

    西ノ口駅の退避駅化と大野町幕の関連を指摘されている方が居ますが、実は無関係です。

    西ノ口駅は営業を続けながら工事を行い、この期間中に大野町折り返しで運行休止したことはありません。

    かつては定期列車で大野町行きと、折り返し大野町始発の電車が存在したため、大野町幕があります。

    なかでも平日朝の急行大野町行きはパノラマカーによる運転で、珍し行き先と相まって「名物列車」のひとつでした。

    大野町行きの列車は空港線開業の2005年改正で消滅し、大野町駅の渡り線もこのとき撤去されています。

    かつて大野町駅北方(新舞子方面)の連続した2つの踏切の間に渡り線(片渡り)がありました。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pdc********さん

2017/9/2809:08:30

セントレアの開港とミュースカイの運行に大きく関わっているのではと思います。
セントレア開港が決まったとき、名鉄の命題は名古屋=セントレア間を30分切って運行することでした。新型車両の開発と待避線を持った駅がもう1駅必要となります。その駅は大野町駅の南隣、西ノ口です。当時の西ノ口駅の周りは民家だらけで待避線を作りスペースがありません。南へ200mくらい移設すると廻りは畑だらけなので、新駅ではなく、移設という形で作ることになりました。その工事のため大野町駅で折り返したのではないかと思うのですが、ひとつ考えにくいとこがあるのです。通常このようなケースの場合、代行バスを運行すると思うのですが、
大野町駅前は道が細くマイクロバスくらいしかとおれないんですね。
多屋駅や常滑駅の高架工事あるいはセントレアの延長工事時は榎戸で折り返し代行バスがあったように記憶しています。

nao********さん

2017/9/2619:17:10

見たんなら有るのでしょう。

ota********さん

2017/9/2422:24:19

2005年までは折り返す列車があったようです
方向幕も交換するのにはお金がかかるので
そのまま残っているのでしょう

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる