ここから本文です

近親婚を繰り返し、あらゆる病気を持った子供を世に送り出して挙句滅亡の道を辿っ...

chi********さん

2017/9/2614:07:07

近親婚を繰り返し、あらゆる病気を持った子供を世に送り出して挙句滅亡の道を辿ったスペインハプスブルク家がその婚姻関係の弊害としては有名と思いますが、そういえば古代エジプト王家もきょう

だい婚や叔父姪婚をしていたように思います。

病気や障害を持ったファラオもいたようですが、やはりここにも近親婚の弊害(その因果関係)があったということでいいのでしょうか。

スペイン・ハプスブルク家の最後の王となったカルロス2世の近交係数は親子きょうだい間より高い数値だったと。親があって子があってというだけなのに、近親婚を繰り返すとその間には「親子」以上の数字が出るということがとても恐ろしいですね。スペイン・ハプスブルク家に限ったお話ではないのでしょうが。

閲覧数:
3,537
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tunesanさん

2017/9/2713:01:59

近親婚によって悪い影響が出る可能性もありますが,これを繰り返すと遺伝学的には優れたヒーローが誕生する可能性も生まれます。エジプトではラムセス二世が,そのように評価されています。日本の古代でも,トップクラスの階層では近親婚が多かったことは同じですね。
それでエジプトもスペインも日本も長く王朝が続いたのですから,弊害がどうのこうのと言うのは無意味と思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる