ここから本文です

労働者派遣契約書について伺いたいです。 疑問点が2つあります。 ➀法改正が...

takamiki0318さん

2017/9/2719:54:30

労働者派遣契約書について伺いたいです。

疑問点が2つあります。

➀法改正がされ、今現在特定派遣事業主に関しては、経過措置がなされている最中だと思うんですが、経過措置間であれば法改

正以前と同様に特定派遣事業主は、派遣先企業との間で、無期雇用を結ぶことが可能なのでしょうか。

②労働者派遣契約書上の「派遣労働者の限定」欄について、大方のものは「限定しない(有期雇用)」と書かれていると思うのですが、「無期雇用派遣労働者に限定」「「60歳以上の派遣労働者に限定」と記入されていた場合、これは、無期雇用という意味をさすのでしょうか。

宜しくお願いします。

閲覧数:
266
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

鈴木圭史さんの画像

専門家

yc_khgapさん

編集あり2017/10/209:58:58

社会保険労務士の鈴木です。

①意見が分かれるところだと思料します。
しかし、派遣元と先との契約を締結すること事態が違法だとは言えないと思われますのでで大丈夫でしょう。
平成30年9月29日を超えて許可に切り替えずに実際に派遣しているとなると違法であるのはご承知の通りですね。
実際に違法である期間にその行為をやることが不可と考えるべきでしょう。

②契約書の表記の問題です。具体的にどのように表記されていますか?
「無期雇用に限定」なら無期雇用ですし、「60歳以上に限定」なら契約社員の60歳以上の人を派遣するという契約かもしれません。
ただ、前者でも後者でも期間制限なしで派遣社員を送り出すことができるのでそういう意味ではどちらでも同じだといえます。双方の記述があればこの意味合いでしょう。

以上、参考まで。

回答した専門家

鈴木圭史さんの画像

鈴木圭史

社会保険労務士

労務リスクの改善のプロ

関西弁で丁寧に対応する社会保険労務士事務所です。 教えて!goo 認定専門家/okwave 認定専門家/読売新聞大阪本社マイベストプロ 認定専門家/経済産業省後援ドリームゲートアドバイザー。 ●重点取扱分野 http://mbp-osaka.com/draftsr/ 労働相談/過労等の疾病...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ha_n_ji_nさん

2017/9/3016:38:13

➀特定派遣事業主は、派遣先企業との間で、無期雇用を結ぶことが可能なのでしょうか。



日本語が誤っているので質問の趣旨が伝わってきませんね。
事業主が派遣先企業との間で、ということは企業同士の話ですが、企業同士で雇用契約などはありえないです。
派遣の場合、企業間で締結されているのは派遣契約(基本契約、個別契約)だけですよ。


②「無期雇用派遣労働者に限定」「「60歳以上の派遣労働者に限定」と記入されていた場合、これは、無期雇用という意味をさすのでしょうか。



「無期雇用に限定」、と書いてあればそのまま無期雇用という意味ですが、「60歳以上に限定」がどうして無期雇用なのですか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。