ここから本文です

木材の塗装について 木工で作った作品の表面をピアノのようなツヤツヤの黒で塗...

any********さん

2017/10/400:06:37

木材の塗装について

木工で作った作品の表面をピアノのようなツヤツヤの黒で塗装したいのですが、どうしたらいいおでしょうか。
ホビー用の缶スプレー塗料でサーフェイサー→ブラック→クリア

みたいな感じで良いんでしょうか?

閲覧数:
513
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kit********さん

2017/10/417:56:02

素材が木の場合、塗料はしみこんでしまい、木の素材感が出てしまいます。

工程として、目止め(吸い込み防止)→サンディングしてでこぼこ除去→サフ→塗装→クリアの順です。

目止め作業についてはシーラーと呼ばれるモノを使いますが、無い場合は1液ニススプレー(ウレタン等油性が良い)やFRPを使う手もあります。

1回塗ってきれいにサンディングしてまた塗ります。この時点で結構平坦になってますので、またサンディング。3回目を塗ればかなり平坦になってるかと。サンディングは1回目、2回目と進むに当たり細かくしてください。1回目は#240ぐらいで荒削り。2回目は#400~600あたりが良いんじゃないかな。

サフを塗る前に表面を平坦にしましょう。下地の仕上げが全体に影響します。

ブラックまで塗ったら最後にクリア。クリアは通常のクリアでも良いですが、水性・ラッカーは塗膜が薄く、弱いので難度も塗り重ねる必要がありピアノ並のヌルテカにするには結構めんどいです。
金銭的に可能なら2液ウレタンスプレーが良いかと。失敗したら削ってやり直しになりますが、1回の塗りで厚くて強い塗膜が得られます。可能なら1回塗って表面研いで2回塗るとバッチリです(1本2500ぐらい。使い捨て)。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tam********さん

2017/10/414:10:33

木材の微細孔をとの粉で詰めて、上からエナメルかラッカーの黒で厚く塗る。乾燥したら表面を水研ぎサンディングして、コンパウンドで磨く。

ピアノのような仕上げにするのなら削って磨く仕上げをする。

m3m********さん

2017/10/401:36:56

木材の場合は塗料が染み込むのでまず染み込むのを止めなければいけません。
木材の種類によって染み込みの度合いは変わりますが基本的に染み込むので染み込み止めは必須です。

それが面倒なのであまり向いてない素材ですが方法としてはいくつかありますが私が以前やった方法は艶有りのニスを全体が艶有りになるまで数回塗り重ねます。この時は筆塗りで適当にやります。
乾燥して全体が艶有りになったら一度サフを吹いて様子を見ます。この時にサフの質感が違う部分があるとそこはまだ染み込んでいるのでペーパーを掛けて質感が変わらなくなるまで同じ作業を繰り返します。またこの作業の段階で筆塗りで出来た凹凸を消すようにします。

サフの質感が均一になったら後はブラック→クリアー→研ぎ出しでツヤツヤになりますよ。

染み込み止めに使う物は別にニスじゃなくてもOKです。私はたまたまニスが手元にあったのでニスを使いましたがサフでもクリアーでもOKです。
缶スプレーのサフやクリアーだとニスよりも重ねないといけないと思うけど要領は一緒なので染み込まなくなるまでやればOKです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる