ここから本文です

鴻門之会について質問です。

アバター

ID非公開さん

2017/10/416:24:18

鴻門之会について質問です。

鴻門之会の登場人物

沛公、項羽、項王、曹無傷、項伯、范増、張良、項荘、君王、樊噲

の人物関係やはたらきなど教えてください!

頭髪上指し、目視尽く裂く。
までの内容です。

閲覧数:
987
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kor********さん

2017/10/422:08:45

前に答えたことがありますが、検索できません。改めて

沛公:劉邦のこと。後に項羽を破って「漢」の高祖となる。この時点では、項羽の方が軍事力に勝っていたが、自分の方が先に秦の都を占領し、凾谷関を塞いで項羽を入らせないようにしたものだから、怒っているところに、曹無傷が裏切って讒言(まあ、本当に近いが)、項羽に攻められそうになる。それで謝罪に行って起こったのが、鴻門の会。

項羽:劉邦の対抗馬、この後、劉邦と戦い、留守を襲われたような場合を除いて全勝に近いが一度だけ負けた。それが、垓下の戦いであり、やがて出てくる「四面楚歌」の場面になる。

項王:項羽のこと。実際は、まだ王ではないが、事実上は最高実力者なので、司馬遷は「項王」と言っている

曹無傷:劉邦の家来。項羽が責めてくると思って裏切り、項羽に讒言をし、鴻門の会から無事帰って来た劉邦に誅殺される。

項伯:項羽の叔父。かって、張良に助けられたことがある。実は、この人物が活躍するところが、今の教科書から抜けているので、我々の世代では明白な質問が、知恵袋を賑わすことになる。鴻門の会では、劉邦を剣舞を行って殺そうとした項荘から、劉邦をかばう。

范増:項羽から「亜父(父に準ずるもの)」として尊敬されている項羽の軍師。さすがに先が見え、何としても劉邦を殺そうとして、決断を促すが、先に項伯に説得されている劉邦は無視。ついに、項荘に剣舞をさせ、劉邦を殺そうとする。

張良:劉邦の軍師。前に項伯を助けたことがあり、項伯は、張良を助けようとして劉邦軍を訪れ、逆に、劉邦と義兄弟になる約束をしてしまう。

項荘:項羽の従兄弟、范増の命令により、劉邦に挨拶をすると言って会場に入り、余興にといって剣舞を行い、劉邦を刺し殺そうとする。

君王:項羽のこと

樊噲:劉邦のボディーガード。鴻門の会で名演説をするが、これは、劉邦が項白に言ったことを劉邦の側にいて聞いていたからと考えられる。しかし、これは、推定に過ぎず、高校のレベルを越えているかも知れない。
ただ、鴻門の会から去るとき、遠慮している劉邦に逃げるように決断を促すなど、なかなかの人物

アバター

質問した人からのコメント

2017/10/5 00:31:21

ありがとうございます!
とても分かりやすかったです!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる