ここから本文です

干物についてです。

chi********さん

2017/10/421:16:31

干物についてです。

最近、干物は健康に良さそうという情報を知り、いろいろ考えています。

例えば、100gあたりの栄養素を考えると干し椎茸は生椎茸の3〜30倍栄養があると言われていますが、干し椎茸は栄養のない水分を飛ばしているので、100g当たりではなく、一個当たりの栄養を考えるとそこまで違いはないと思います。

干し椎茸と生椎茸で、同じ100gといっても椎茸の個数でみると干し椎茸の方が数倍個数が多いはずです。

高野豆腐と木綿豆腐、にぼしとイワシについても同じことが言えると思います。

本当のところ、干物と生ものでは一個当たりでみるとどのくらい栄養が違うのでしょうか?

また、干物にするだけでなぜ栄養が高くなるのでしょうか?

みなさんの意見を知りたいです!

閲覧数:
71
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gra********さん

2017/10/421:42:38

生ものと乾物は栄養が違うのではなく
流通コストが違うのだと思います

・水分を含んだ重くて傷みやすい生鮮食品
・水分を飛ばした軽くて腐らない乾物
もちろん、乾物の方が簡単に運べますよね

生鮮食品は温度管理のできる設備が必要だし
輸送効率も悪いし、腐って捨てる廃棄率も高くなります

乾物はそのコストが乗っていないので
値段当たりの栄養価が高くなっています
乾物、お買い得だと思います

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tet********さん

2017/10/421:37:36

魚の干物は日に当て乾燥させることで
旨み成分が増加します

それは水分が抜けたことによる旨みの凝縮もありますが
タンパク質が分解されて増加する旨み(アミノ酸)です

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる