ここから本文です

日本の商社は機能しているのでしょうか?

neetexceedさん

2017/10/517:47:58

日本の商社は機能しているのでしょうか?

先日、新商品企画をたてました。アメリカ半導体メーカの製品を仕入れてECサイトで販売するというものです。
アンテナ的な市場調査を行い上手く行けば本格参入する。あるいはビジネスモデルを販社に任せてロイヤルティを取る企画です。儲け云々よりまず面白いからやってみようという感じですね。市場動向の把握だけでもいろいろとメリットがありますので。

■対象製品
北米企業の競合関係にある2社ここではX社とY社としましょう。および台湾系数社から最初は一製品を仕入れて機能を強化して販売する。
カスタマイズ元となる製品は日本市場で一番売れているものが好ましい。
北米企業のものはブランド力はあり売りやすいのだが高く、案外壊れやすいと懸念している。
台湾企業のものは安かろう悪かろうの印象がありあまり売れていない。

■国内への総販売代理店へのコンタクト
A社(国内最大手の電気会社):
電話ベースで連絡をすると、年間数量がたくさんでないと思うので卸せないと断られる。

B社(孫正○さんのあの会社):
供託金制度を使い前払いで預ける資料が送付され、一週間で口座開設。
※事前アンケートで最初は前払いで良いと明記しておきました。

C社:
国内大手ではあるが、知り合いの会社なので事前に私が連絡すれば通るように根回ししておいたとのこと。

etc...
中国台湾企業は前払いが前提で送金すれば無条件に品物は入ってくる。

------------------

私が驚いたのはA社がこう言った事です。
「電話での連絡を受けて社内で相談したら売れる数量が見込めないから売りません」

驚いた理由は、
1)電話ベースなので簡単な事しか述べていない(機密でもあり言うわけにはいかない)。
2)明快なガイドラインもなく恣意的に担当者が相談して決めていること。

普通は卸ロットは50個単位とか、一見さんは前払い。取引が長期化すると信用取引あり。なんですが・・・今回の件だと、「弊社の卸は最低数量が1000個からです。1000個前払いが可能であれば出せます。ですが最初は試験販売で数量がこれに満たないので卸せない」というのならば判ります。


A社の担当の頭はどうなっているんでしょうか?
数年前に似たような事が他にあり、電話したら断られたのですが数時間後に電話が掛かってきてビジネスが可能と言われた経験がありました。先方のニュアンスは良くて最初は断り、後から電話の相手の規模を調べてから可否を決めている印象あり。


例えば、マクドナルドの店員が顧客の服装を見てハンバーグを売る売らないを決めているような幹事で完全に差別をしているように見える。もしそうならば平気で大手の人間にはそれが判らないのか?

結局、当方はA社のかわりにB社を経由してX社製品の仕入れが出来る状態になっている。
X社の競合品であるY社の製品はC社から調達が可能になっている。
中華系は今までそんなことは聴いたことがない。

今回のA社の対応は最悪北米X社に対する背任行為にも見えます。
商社としてもう機能していないというか足を引っ張っている印象しかない。実際にはそんなもんなんですかねえ。
知人の回路技術者は以前から「日本の半導体商社は腐りきっている」というのが口癖です。
それを思い出しましたな。
A社はリテール(店頭売り)用の総販なので、やはり首をひねっています。

PS.
B社、C社があるから商社が機能していないというのは言いすぎと思う人もいると思いますが、B社は供託金というアレです(まあ前払いと考えれば問題なし)。
C社は業務提携関係にあるから通って当然。ゆえに首をひねる次第。

閲覧数:
33
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kate_gaserinさん

2017/10/620:25:50

まったくもってあなたの言う通りです
直販でいいと思います
がんばってください

ンゴ( ̄^ ̄)ゞ

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。