ここから本文です

精製水を対照にした試薬と発色液の吸光度で、発色液の吸光度から試薬の吸光度の差...

アバター

ID非公開さん

2017/10/1411:55:28

精製水を対照にした試薬と発色液の吸光度で、発色液の吸光度から試薬の吸光度の差をとると試薬を対照にした発色液の吸光度の値と等しくなる理由を教えて下さい。

閲覧数:
112
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

iwa********さん

2017/10/1421:37:16

例えば、なにも入れない状態でゼロ合わせをしておいたとき、精製水の吸光度が0.05で、試薬の吸光度が0.10、発色した試料の吸光度が1.00だったとします。

精製水を対照とするということは、精製水の吸光度をゼロにするので、試薬の吸光度は0.05、発色した試料の吸光度は0.95になります。そして、試薬をセルに入れてゼロ合わせをすれば、発色した試料の吸光度は0.90になります。

分光光度計で測定するときに、なにでゼロ点合わせをするかという違いですし、引き算をすればすべて同じになります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる