ここから本文です

私は3年ほど前から血小板減少性紫斑病で経過観察中62歳女性です。 実は9月14日に...

luc********さん

2017/10/1814:56:09

私は3年ほど前から血小板減少性紫斑病で経過観察中62歳女性です。
実は9月14日に、胃の上がパンパンに張って激痛のあまり自室からはってでて、助けを求めようとしたのですが、激痛のため気を失い、父が救急車を呼び救

急隊員のかたに声をかけられる頃には嘘のように治ってしまいました。
その後いろいろ忙しく、また10月14日にまた同じような激痛で、転げまわるほどでした。今度は自分の携帯で救急コールをし、旭川のかかりつけの総合病院に連れて行っていただきました。すると大体痛みは1時間半ぐらい続いたと思いますが、病院に着いてしばらくすると治ってしまいました。病院ではエコーと心電図の検査をして、胆石発作ではないか、痛み止めをあげるので、土曜なので平日受診するようにということでした。
ちょうど17日が血液内科の受診日なので消化器内科も受診することにしました。
土曜日から3日ぐらいだるさと眠さ吐き気による食欲不振で月曜日に受診することはできなかったと思いいます。
火曜日に消化器科で受診すると、担当の先生にそんなに炎症がない。胆石は痛みが出てから3日以内でないと治療にならないといわれました。CTも撮影したのですがなんともないといわれ、じゃあ、あの激痛は何ですかといいましたら、「だからお薬出しておきます」っていう言われ方をしました。「今度痛くなったら痛みがあるうちに来てくださいその時胆のうをとる手術をしますから」といわれました。私はまたあの痛みを3度目なんて耐えられないというと「だからお薬出すって言っているでしょう。痛み止め10日分ぐらいでいいですか、2週間お薬飲んでもらって胆のう専門の医師に引き継ぎますから」という言われ方をしました。
血液検査の結果では、他はちょっと高い程度ですが、フィブリノーゲン574mg/dl、P型アミラーゼ48U/L、CRP2.3mg/dlは許容範囲なのでしょうか、ウルソデオキシコール酸錠「ZE]100mg コスパノンカプセル 40mgを毎食後1錠ずつと痛み止めとしてカロナール錠200mg10回分いただきました。血小板は、この半年ぐらいずっと5万台だったのに、今回久しぶりに、70×103/μlに回復しておりちょっとうれしかったです。
正直いって私も血小板が少ないしなんとか手術は避けたいとは思っていますが、激痛を思い出すのもいやです。
昨晩から薬を飲み、朝はだるくて動くのがつらかったのですが、今はだんだん調子がよくなってきています。何より10月14日の3日前から、体(特に頭皮と足の傷跡など)がかゆくてたまらなかったのですがそれもなくなりました。

閲覧数:
466
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2017/10/1819:53:04

エコーはどこを見たんでしょう?心臓でしょうか?腹部でしょうか?
心臓のエコーをして心電図を取って何もないから胆石だといったのか、腹部のエコーを取って胆石があったから胆石だといったのかで意味が違ってきますね。
CTを取って胆石がないならほぼ間違いはないと思います。
アミラーゼは膵臓ですが気になる値ではないです。
フィブリノゲンとCRPはやや高値。炎症ですね。
結局原因は分かりませんが・・・。不安定狭心症のような心臓系は可能性に上がらなかったんでしょうか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる