ここから本文です

スピーカーを自作したいと考えております。 ユニットやパーツを組み合わせたり、...

lea********さん

2017/10/2612:44:18

スピーカーを自作したいと考えております。
ユニットやパーツを組み合わせたり、エンクロージャーを作ってみたりしたいわけです。
教科書となるようなおすすめの本やサイト等を教えてください。

電気工学を学ばないといけませんか?
スピーカーの中に入っているネットワークとは何のために入っているのでしょうか?
安全に自由自在に作れるようになるには何から始めればよいでしょうか?

閲覧数:
172
回答数:
13
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/10/2801:08:11

先ずは図書館に足を運び、スピーカークラフトの雑誌を漁りましょう。数冊読めば、貴殿も立派な スピーカーDIY派 です。(笑)

最初は、安いキットから始めても良いと思います。秋葉原のコイズミとか、通販なら、共立にもあります。

一つだけ言えることは 測定アプリケーションソフトは必須です。自分の耳で、、、、も悪くは有りませんが、数値と視覚で判断出来るのは、相当、安心できます。

REW 測定 とか 調整 とかで検索すれば先人が色々チャレンジした実際が学べると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/10/2723:09:11

安全?教科書?
自作スピーカーは感性の赴くままに作るから面白いのでは?
バスレフポートやバックロードホーンの長さを計算する式だけは何処かのサイトで学ぶしかないですが、後は思考実験と実践あるのみです。
とにかく思いのままに沢山作って、ダメなところを次で修正する。
スタンダードには到底及ばないけど、ある一点では勝っている。
その勝っている点を積み重ねて、いずれ全てに勝るようなスピーカーを作れると『思って』次々に作ってゆく。
いきなり全勝利なんて無理ですが、一点だけ超える事はそんなに難しくはないので、次々に作って、一つづつ超えて、いずれ全てを統合して完成というようなイメージでやってみると良いかもしれません。
理論より理想を追って沢山試してみる事をお勧めします。

安全?教科書?
自作スピーカーは感性の赴くままに作るから面白いのでは?...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

iBook-2001さん

2017/10/2621:38:42

はじめまして♪

『安全に自由自在に作れるようになるには何から始めればよいでしょうか?』
基礎を知って、イロイロ試す。経験値を上げるのが一番でしょう☆

と言っても、学術的な書籍は、いろいろ知識が豊富でないと難しいので、、、

例えば、長鉄オリジナルスピーカー設計術[基礎知識編]
http://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=5551632
あくまで、一個人の感性を元にしたスピーカー群の自作ケースなので、少し個性適法構成も在る事を理解しておきましょう。

わりと穴場なのが、こちら。
http://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=37477
現行版の内容は存じませんが、過去の版でも、よい感じに思えましたし、今でも愛用しているほどです。

私がスピーカー工作を始めたのが、確か小学4年だったかなぁ、、、もちろん、電動ノコギリとか父と一緒の工作作業でしたけれど。。。

電気工学って? 小中学生の頃には、こんな「言葉」すら知らなかったけれど(笑)

『安全に』という部分、逆に『何が危険か』を知れば良いだけです。
ただ、「危険性が高いから避ける」だけでは不十分で、どの程度の危険性が、言い換えれば安全性がどの程度?というバランス感覚を身につけるように、たくさんの経験(失敗?)を積み重ねた方が、本当に意味で「身に付く」と思います。

『スピーカーの中に入っているネットワークとは何のために入っているのでしょうか?』

コンピューター通信などのネットワークのイメージからは、離れて下さい。
本来は、「クロスオーバーネットワーク」とか、「デバイデングネットワーク」などと呼ぶ部分で、日本語としては「周波数分割回路」などとも言います。

高音用/低音用などのスピーカーユニットに、不要な信号が加わらないようにするのが目的です。
高音用スピーカーユニットは低音の大きな振動を行なえない設計が多く、低音域の信号が大きく入る事を遮ったり、低音用スピーカーでは汚い高音が出る事が在るので、高音の信号が入らないようにしたり、など、それぞれのユニット特性に合わせて、不要な音域を遮断する物を組み合わせた部分です。
(低音域から高音域まで、1つのユニットで音を出す、フルレンジスピーカーユニットの場合は、基本的に無用です。)

あまり身構えず、「理科の実験」の延長くらいに思って、楽しんで下さい♪

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/10/2615:09:00

むかし、いいほんがあったんですが・・・
今は買えないみたいです。

むかし、いいほんがあったんですが・・・
今は買えないみたいです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dai********さん

2017/10/2615:08:19

自作スピーカは世界でただ一つの自分用のスピーカになる訳でそれだけでワクワクします
エンクロージャの素材はメーカではコストの問題で使えない高品質の材料で作る事ができるてのも良いです
例えば舞台で使われてる樺桜、楢、檜にするか楽器でつかわれてるマホガニー、米松の無垢とかはまず既製品では作れません。比重の高い硬い木ほど良い感じしますが、好みです
合板なら白樺やラワンが音が良いです
こういう材料で作ったエンクロージャは一生ものに必ずなります
無垢材は年月が経つほど音が締まります。
40年ほど前のエンクロージャはめちゃめちゃ素晴らしい締りのある音が出てます
もちろんスピーカユニットは今で3代目です

①教科書なら長岡鉄男氏の本がたくさん出てますから図書館で読むか貸してもらいましょう

②電気工学や音響工学は知ってる方が有利になります

③クロスオーバーネットワークと言います
低音から高音まで理想の等均等にだせたり理想の低歪み率のスピーカユニットはないので得意の周波数帯のユニットを組み合わせる時
不得意の周波数の音が出ないようだったり、スピーカが壊れないように
ローカットやハイカットするのがクロスオーバーネットワークです
参考「自作スピーカー設計プログラム」
http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/index.htm

④安全に自由自在に作れるようになるには何から始めればよいでしょうか?
クロスオーバーネットワークを組むだけで大抵2万円近くから以上かかるので
(既成でもネットワーク基板1万円位とアッテネータ2個が要ります)
スピーカユニット一つですむフルレンジユニットから始めるのも良いでしょう
木工加工や組み立て、塗装のノウハウが身につきます

音工房Zさんでキットを購入が失敗ないと思います
キットを買うと音の良いホワイトバーチ合板で正確な木工加工されてきます
一寸の狂いもありません
組み立てや塗装のノウハウが満載された説明書が動画と共に特典としてついてきます
そのため購入者は殆ど失敗なく制作できます。今は廉価な商品でてませんが
少し待ってると再販売してます
音工房Z
http://otokoubouz.com/

私は仕上がりが音に影響を与えると思ってるので合板キットでに突板とかはって
塗装を何カ月もかけて仕上げるのが良い音になってると感じます
リスニングは目でも楽しむものだと思ってます

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

k_y********さん

2017/10/2614:04:02

アキバへいけばキットを売っている。
まずそれからがら始めるのが楽。
キットでも工作技術が必要だからそれで自分の力がわかる。
簡単なようでかなり難しいから1回で辞めるかも。笑

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる