ID非公開

2017/10/29 10:17

33回答

妊活中のダイエットについて、主に筋トレについて教えてください。

ダイエット | 不妊2,344閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

回答した専門家

赤ちゃんから高齢の方まで、より専門的な施術を目指しています。

お問い合わせ 03-3983-8081

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝えください

ID非公開

質問者

2017/10/29 12:28

詳しくありがとうございます。 まさか専門の方に答えていただけるとは思ってなかったので嬉しいです。 自宅の体重計で体脂肪率を測定すると日内変動が割りとありますが20~28%です。 ただ、昔から運動が苦手でスポーツの経験などもないので一般の人よりも筋肉量は少ない方だと思います。 体重はこれ以上減らさずに筋肉量をアップできるように軽い筋トレをした方が良さそうですね。 詳しくありがとうございます。

その他の回答(2件)

0

私も原因不明の不育症で、流産4回子宮外1回の経験があります。 検査で異常が見つからず、何かできることはないかと東洋医学のクリニックに通い鍼治療や漢方治療をしていました。 その医師に、5キロ痩せろと言われました。 当時私はBMI20前後で、太っていると言われたことは一度も無かったので戸惑いました。 医師曰く、動物園の動物より野生動物、現在の日本より戦前後の日本、先進国より発展途上国、の方が繁殖率が高いと。 飢餓状態とまではいきませんが、子孫繁栄の危機感がある状態にすると良いとのこと。 子作りも夫婦共に空腹状態でするように言われましたね。 半信半疑でしたが、とりあえずジョギングと筋トレで3キロ落としました。 筋トレは腹筋やスクワットです。 その後そのクリニックに通うのは辞めましたが、体重はキープ。 不妊治療専門の有名なクリニックで、夫婦の白血球の型が似ていることが流産原因ではないかと言われ、夫リンパ球移植とアスピリンの併用で、自然妊娠6回目にして順調に6ヶ月を迎えています。 何週での死産経験かはわかりませんが、とてもお辛い経験をされた事と思います。 なにか不育症の治療方が見つかるといいですね。 医師は20代なのだから気長に…と言います。 確かに明るく前向きに、ストレスを溜めないことは大切です。 でも私はまだ20代と言われるたびに、20代で何年もトライしてダメなのに、30代になって上手くいくの?と思ってました。 それで、前向きにいろんな病院でいろんな検査をし、移植とアスピリン併用に踏み切りました。 主様にも、なにか不育症の治療方法が見つかることを心から願っています。

0

リバースダイエットが効果的です。 リバースダイエットとは朝食と夕食を逆転させるダイエットなんです。 つまり、朝食を一番たくさん食べて、昼食、夕食とカロリーを徐々に減らしていく方法です。 朝食は一日分カロリーを使用するので、たくさん食べても消費しやすいです。 逆に夕食はあとは風呂入って、寝るだけなので、カロリーは少なくても良いです。 一日のカロリーは今までと同じ=食べる量も同じなので、ストレス無く痩せていきます。 続けるコツは体重グラフをつける。 朝、寝起きに排便をすべて終わらせて体重計(一日で一番軽い体重) 夜、夕食後にすぐ体重計 (一日で一番重い体重) これを目立つ場所、理想は食事中に見える場所にグラフを貼ってみましょう。 赤ペンで朝、晩の体重がジグザグに落ちていくのが分かります。 続けていくと不思議な事に食べた量から今の体重が分かってきます。 お腹を満たすだけの食事から、限られた食事量で、質の高い食べ物を選ぶようになります。 身体の外見も内面も健康的になります。 高額なサプリもジムも必要ありません。 必要なのは、デジタル体重計、グラフ用紙、赤ペン、だけですね。 私は男性ですが、 90㎏でダイエットをはじめて三年、ずっと68㎏をキープしています。 人生変わりますよ(^-^)/