ここから本文です

この問題の三番と四番がわかりません、中学三年生数学です!!どなたか教えてくだ...

yu8********さん

2017/11/315:29:31

この問題の三番と四番がわかりません、中学三年生数学です!!どなたか教えてください(T0T)よろしくお願いいたします!!!明後日は入試前の大事なテストなのでよろしくお願いいたします!m(._.)m

T0T,円錐,底辺,中学三年生数学,a&lt,明後日,垂線

閲覧数:
27
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/11/316:39:44

(3)
点Pから線分ABに垂線を引いて交わった点をD、点Pから線分ACに垂線を引いて交わった点をEとします。
△PABの、辺ABを底辺、辺PDを高さと考えて、AB=8、PD=8-1/2×a^2なので、
面積は、1/2×8×(8-1/2×a^2) (0<a<4)
同様に考えて、AC=8、PE=a-(-4)=a+4なので
△PACの面積は、1/2×8×(a+4)
この2つの面積が等しくなるaの値を求める。
1/2×8×(8-1/2×a^2)=1/2×8×(a+4)
1/2a^2+a-4=0より
a^2+2a-8=0
(a-2)(a+4)=0
a=2,-4 となり、aの範囲は、0<a<4なので、
a=2 点Pの座標は、P(a,1/2a^2)に代入して、P(2,2)となる。

(4)
AEを軸として回転した円錐・・・①と、CEを軸として回転した円錐・・・②を考えます。
(円錐の体積)=(1/3×底面積×高さ)より
①の円錐は、底辺が6で高さが6なので、
1/3×(6×6×π)×6=72π
②の円錐は、底辺が6で高さが2なので、
1/3×(6×6×π)×2=24π
①+②から、96πとなります。単位は無し。π(パイ)は円周率です。

質問した人からのコメント

2017/11/3 17:05:37

とても分かりやすく教えていただいて、ありがとうございました!!!本当にわかりやすかったです!!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pass25nicoさん

2017/11/315:50:43

3番。
ごめん、パズルみたいに解いてしもた。
ACが底辺の三角とABが底辺の三角を考える。
ともに長さ8.
ってことは、Pが高さになる。
ABとACと同じだけはなれた点をみつければいい。
ACから見れば、0~4の間で真ん中は2.
x=2
ってことはy=2
(2・2)
ACから6離れてて、ABからも6離れてますんで、これであってると思います。

なんか計算で出す方法が思いつかないんで、ちゃんと回答してくれる人がこの後にいると思います。

体積はソロバンの珠みたいなんを、二つの円錐にして考えてください。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる