ここから本文です

閲覧ありがとうございます。 近日、特許事務所の図面スタッフの面接があり、 ...

sor********さん

2017/11/507:23:56

閲覧ありがとうございます。

近日、特許事務所の図面スタッフの面接があり、
是が非でも受かりたいと考えています。

事務所ではオートCADを使うようなのですが、
私はオートCADの2Dしか実務経験はありません。
これは3D

オートCADも含む可能性のほうが高いですよね?
というよりは特許図面外注のHPなどを見ていると、3Dが中心に
なってくるのではないかなぁと思うのですが。
なので体験版をインストールして今必死で練習しています。

また、特許事務所のCADオペレーターとなると、どちらかというと
女性向けの仕事だと思うのですが、いかがでしょうか。

以上二点、ご教示ください。よろしくお願いいたします。

閲覧数:
72
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tam********さん

2017/11/509:46:42

特許図面は、道具(CAD)を使えるのは当然として、スピードが重視されること、元の図面がデータでくることもあるかもしれませんが、写真、手書きスケッチ、現物から起こすことも多いという特徴があると思います。おそらく、いろいろなケースに対応できるかなりの柔軟性と対応力が求められるでしょう。
あと、細かく沢山のことを説明しなくても、理解して図面化できるコミュニケーション能力が高いと重宝されると思います。

事務所が望むことを良く聞いて、それにあなたが添えるかを検討した方がよいでしょう。(想像ですが、図面だけでなくいろんな仕事が待ってるかも)。

  • 質問者

    sor********さん

    2017/11/513:18:27

    ご丁寧にありがとうございます。
    スピードは、ある程度あるかなと思いますが、臨機応変さはすこし足りないかなあ。
    寸法が書いてある図面に慣れてるので、そこも戸惑ってしまうかもしれないですね。ありがとうございます。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sum********さん

2017/11/507:38:30

AI進展社会では 直ぐに 御用済みになる仕事の大半が ご希望の職種カモ

例えば ドイツでは 新車開発の際 トヨタのやり方と正反対に進んでいる



具体的に言えば、「時速200㌔走行仮想空間を出現させる➡そこに構想段階の新車全体~パ-ツ迄投入して➡シミュレ-ション(仮想実験)を繰り返して居る」とか。

トヨタのやり方は、昔ながらの、現物を、現場において、現実的に診て進める。具体的に言えば、「新車のパ-ツ一つ一つを現実に製作して、それらを組み立て、逐次実証実験を進める。失敗しては遣り直しを重ねる、昔ながらのやり方」さ。

どちらが、時間と費用を最小に出来るか。チミは解るかい。ことほど左様に、世界大競争は進む。この国の平均値である、一般ピ-プルの水準が、チミとすると。麿はお頭てんてんが痛いぞよ。

ドイツと日本。どちらが、見通し明るいかな。困ったのだワン。麿は古希爺じゃ。



想像力と創造力。企画力と適応応用展開力。広範な組織や個人を率いて、一つの目的方向に、ベクトルを合わせて進める能力。これ等全部持ちたまえ。ならば途は拓かれよう。スペシャリストだとか、ゼルラリストだと言いたいなら、全部持ちたまえ。

因みに、面接者に、このプリントを持参して見せて御覧よ。超一流の世界区の人材であれば、麿を雇いたいと言うはずだい。深刻に反省し給え。ちっかりと。

古希爺に敗けるな。若者達よ。オスもメスもないぞ。時代遅れになってはいかん。日本語の戯けデレビ、日本語の馬鹿珍聞ばかり接していると、チミの様に時代から取り残されて行くであろう。困ったのだワン。若者達チッカリしておくれ。バイバイ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる