ここから本文です

ヘッジトリマーの最大切断枝径について 電気式だと12~16ミリと記載されており、...

tog********さん

2017/11/923:18:12

ヘッジトリマーの最大切断枝径について
電気式だと12~16ミリと記載されており、パワーのあるエンジン式はなぜか5‐6ミリとなっていて(非力?)、ゼノアやスチールなどは記載されていません。パワーがあるほうがよく

切れそうな感じがしますが、なぜなのでしょうか。
うちの田舎が広いため生垣や庭木の剪定に草刈り機ではやっていましたが限界があります。チェーンソーも考えましたが、軟らかい枝切りにはには不向きでやめました。今はヘッジトリマーの購入を考えています。200坪あるため電気式よりエンジン式を考えています。しかし最大切断枝径が気になって悩んでいます。それでもエンジンタイプの方が気持ちよく切れるのでしょうか?お手数おかけしますが、よろしくお願いたします。切れそうな感じがしますが、なぜなのでしょうか。
うちの田舎が広いため生垣や庭木の剪定に草刈り機ではやっていましたが限界があります。チェーンソーも考えましたが、軟らかい枝切りにはには不向きでやめました。今はヘッジトリマーの購入を考えています。200坪あるため電気式よりエンジン式を考えています。しかし最大切断枝径が気になって悩んでいます。それでもエンジンタイプの方が気持ちよく切れるのでしょうか?お手数おかけしますが、よろしくお願いたします。

閲覧数:
593
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dim********さん

2017/11/1108:07:56

モーター式に比べ やはりエンジンは アクセル加減もできますから
枝の太さに合わせ 作業やれる利点はあります。
私は たまにしか使いませんし 径がどれだけ切断できるか?と
あんまり気にもしないので 太さに関しては こうですとは言えないのですが
ただ 刃物ですから やがて切れ味は落ちます。
トリマーは確かにカットしていく道具ではありますが 切断と言うよりも
葉や枝を表面を整えるというような使い方ではないかと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gyo********さん

2017/11/1022:45:30

エンジン式の方が電気モーター式よりもパワーがあり
より太い枝を切ることができる印象です。
毎年刈込をして管理している木であれば
エンジン式でも電気モーター式でも
刈り込めないことはありません。

エンジン式はパワーがあり頑強ですが
本体重量が重く大きな生け垣を刈るのは
腕や腰への負担が大きくなります。

電気モーター式は軽量で長時間の作業や
高さのある木を刈るのに向いていますが
パワーが劣り電源コードによる制約があります。

木質化した直径一センチを超える枝をトリマーで
刈るの現実的ではありません。
電気モーター式トリマーの説明は最大切断幅のことであり
実際に切れる枝の直径を示したものではないと思います。

電気モーター式トリマーを購入されるのであれば
本体から1メートルくらいの長さで
電源コードを保護したほうが良いでしょう。
慣れないうちは電源コードを切断してしまうことが
良く起こります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる