ここから本文です

ケーキ屋を出したいです。

アバター

ID非公開さん

2017/11/1015:05:35

ケーキ屋を出したいです。

私は現在、パティシエとして働いている恋人がいます。現在はカフェで働いており近々フランスに勉強しに行く段取りを組んでいます。
私は彼のケーキ屋を出す夢を支えたいです。

例えばの話ですが、ケーキ屋を彼が1人で出すことになったとして、彼がこなさなければならない業務には、パティシエとしての菓子を作る業務の他に、会計や事務的なもの、販売時の接客・ラッピング等、出だしは広告活動や営業をしなくてはならない場合もありますよね。おそらく他にも雑務などやるべきことはまだまだ出てくるだろうと考えております。
1人で全てをやろうとすると、仕事に使える時間の内パティシエとしての業務ができる時間は5割程度だと予想されます

パティシエの友人がいるのですが、その方は常々「もっと伸び伸びとケーキのことを考えられる時間を増やしたい」と言っております。

彼が店を出した時、ケーキを作る・考える時間を少しでも増やしてあげたいんです。
なのでお菓子以外の業務はできる限り私が代わりを務めたいと思っています。
その為に、彼がフランス修行に行く間私は、食品衛生責任者と防火管理者は必ず資格を取ることと、最低限簿記を学ぶと決めています。

前置きが長くなりましたが、質問の内容は
・その他に必要な資格や知識、スキルなど思いつく限り全て教えていただきたいです。
・資金は、最低限いくらくらい貯蓄しておくべきかも合わせて教えていただければ幸いです。

私が現在持っている資格は、秘書検2級とサービス接遇3級しかありません。
中途半端な知識では、胸を張って任せてとは言えないですし、いい加減な仕事をして彼の夢を潰すことはあってはならないです。
彼が必死に技術を身につけようとしている中、私1人怠けてる場合ではありません。
本気で徹底的にサポートしたいので、少しでも何か思いついた事があれば回答よろしくお願いいたします。


※「彼と別れたらどうするの?」や、「依存している」など、そう言った類の発言は求めておりませんので、お控えください。

閲覧数:
493
回答数:
13
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nhy********さん

2017/11/1301:29:17

オーナーシェフパティシエをしてます。

29歳の時に独立して今11年目です。

3期目に株式会社にして有難い事にかなり順調に経営してます^ ^

まず、独立するのにあたって、なんやかんや書いてありましたが、資格やらなにやらはあんまり必要ないかな。

食品衛生責任者はお店を出すのに必要だけど、オーナーシェフパティシエの名前じゃないとお客様からん?って思われるし、取るのは簡単だから彼にとってもらえばいいかも。

それと、簿記とか勉強して資格とかとってもそれを自分でこなそうとしてもたぶん無理です。

そういう事は税理士さんに任せればいいです。

まず、お店を出すにしてもどこで開業するかでだいぶ変わってきます。

東京なのか、都会なのか、田舎なのか。

そして、上手く行く事を前提にある程度仕事が出来る人材確保だったり、 経営方針がどんな感じにするのか、いろいろ変わってくるのでなんとも言えないかな^ ^

ちなみに、僕の開業当初は妻がパティシエールで一緒に製造が出来たのでだいぶ助ったけど1週間で夫婦揃って10時間寝れませんでした…

そして突然、社員に辞められた時は、1か月550時間以上働いた事もあります。

僕は開業の時に1400万かかりました。
ちなみに群馬県で貸店舗です。
半分は銀行さんから借り入れしました。

あとこんな事を言うのはあれですが、ケーキ屋を出すのにカフェで働いているというところに疑問を感じます。

洋菓子店はカフェとは全く別物だし、カフェではなく、洋菓子店でしっかり勉強した方がいいかと思います。

フランスに勉強もいいですが、それなりのレベルじゃないと相手にされない気もします。

そしてフランスで勉強したからお店が上手くいく保証もありません。

最後に貴女が努力して力になりたいのは物凄いわかります。
これは個人的な意見ですが、貴女もパティシエールになってみては?

お互い意見交換出来るし、大変な事も共有出来る。そしてどちらが具合が悪くなってもお店を上手く乗り切っていける。

なんかまとまりがない回答で申し訳ないですが、頑張ってください^ ^

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sho********さん

2017/11/1300:19:03

とても素晴らしい考えですね!羨ましい限りです。 まぁアドバイスといったらおこがましいですが、飲食業の先輩として・・・・まず商売の基本 「ヒト」「モノ」「カネ」 *「ヒト」→小さく夫婦二人で生業程度なら特に必要ないです。ただ店舗を多展開するなら自分の右腕をつくらなくてはいけませんので話しは別です。あなたの彼のようにいずれは従業員も独立していくカモしれませんので、どの程度の事業規模にするのか?まだ考えられないとしてもこの時点で出店場所や広告宣伝、メニュー構成、販促など相応に必要になります。これらは大手のメニューブックやチラシ、広告を分析していくと良いと思います。 「モノ」→ケーキをもちろん売るのでしょうけど、イートインにする、通販をする、催事場に出すなど事業規模で方向性が変わります。店舗もどこに出すのか?店舗の設計施工なども・・・・後々のことを考えて行動しないといけません。 「カネ」→家計簿つけてますか?つけてないならまずつけましょう。つけてるとしたら一歩踏み込んで「青色申告」の本をブックオフで良いので購入し「勘定項目」を見て家計簿に書いた項目を仕訳してみましょう。 飲食店で使う勘定項目はそんな難しくありません。売上、現金、預金、掛け、家賃、消耗品、水道光熱費・・・これらの意味を理解しましょう。とりあえずはじまってからでもぶっちゃけ間に合います。 たぶん一番早いのは、あなたが彼の修行中他のケーキ屋で働いて店長になるのが一番だと思いますが・・・これまたあなたが店に立つかでも変わってきてしまうので「こうだ!」って言えないのがもどかしいです。 ただ食品衛生も防火管理も講習なので特に問題ないとは思いますが、あなたの武器はサービス接遇3級だと私は思います。彼の夢を共に追いかけるという目標が出来た今なら、いろいろな店舗を見て感じ取れるものがあるはずですので、ベンチマークと情報の収集と分析だけでもとても役に立つと思いますよ。頑張ってくださいね。 ※※※ちなみになんですが、私は飲食事業やエステ、医療などやってます。仕事は生きていくための生業、家族と共に働く家業、人を巻き込みより多くの人に貢献する事業 だと私は考えます。夫婦共に店舗に入るとどうしても家業(実質3店舗程度5店舗未満)になりがちです。事業などにする(したい)場合、同業、異業種どちらでも良いのですが問題抽出、改善、人財育成などはどんな職業でも一緒だからでしょうか?部下を従える立場に伴侶がなっていると上手く事業発展の軌道に乗れるケースが多い様に見えます。私の妻は完全異業種ですし一切 店にも会社にも関わりありませんが、女性ならではの柔軟な視点やズバッと的確な意見をもらい、事業を方向修正した経緯があります。(今でもですが・・・)長くなりましたが、気張るのも大事なのですが、目標、目的、ゴール状態をまずはお互いに明確にするが大事です。

nec********さん

2017/11/1121:07:35

店舗を構える場所と資金でしょう。

お金さえあれば、たいていの問題は解決できるので、一番大事なのは生命線となる資金です。
自己資金は多ければ多いほどよい。なので少なくとも1000万円は用意した方がいいです。
足りない部分はどうするのか?政策金融公庫から借りるとなると、事業計画書が必要になると思います。

それと飲食店は水商売ですから、水の流れを読むという点で、出店する場所やマーケティングは必要になってきます。
隠れ家みたいに作っても、結局は誰も来ないということになりかねません。
良いテナントがあれば早急に手を打つことでしょう。飲食関連のコネがあれば、どこが空きそうというような情報が入ってきます。
何も情報のない素人では難しいでしょう。

nvi********さん

編集あり2017/11/1115:21:04

もっと大切なことがあります。
彼がケーキを作る方法を考えるならば、
貴女は売ることを考えねばなりません。

まずは、競争相手となるお店が、
どんなケーキを
どんな客層に
どの程度の数を
いくらで売っているか?
お店の雰囲気は?
サービスの状況は?
宣伝方法は?

お店を持つ前に、競争相手のことを徹底的に調べなくてはなりません。
競争相手に勝つための作戦が必要です。
そうした調査は修行中の身では不可能です。
まず貴女ができる範囲で調べましょう。
その上で彼と一緒に作戦を練りましょう。

雑務は頑張れば何とかなる話です。
いざとなれば、人を雇えば済む話です。
売るための努力は人任せにはできません。

bao********さん

2017/11/1114:26:44

<彼がフランス修行に行く間私は、食品衛生責任者と防火管理者は必ず資格を取ることと、最低限簿記を学ぶと決めています>

素晴らしい考えだと思います 貴方の努力に本当に感心します。頑張って下さい。

ケーキ屋さんはパン屋さんとは違い原価率がかなり高い商売ですから、
一番に考えなければいけないことは仕入れをどうするかですね。
その為にはまずは仕入れ先と仲良くなること そして開店した暁には せめて他店と同じぐらいの仕入れ率で材料を購入できること(例えばチョコレートなどの原材料はほぼ仕入れ先が限定されていますよね)

また調理機械などをリースにされるのか購入されるのか?ですが、
これら設備を購入したとしたら、ほぼ1000万円はかんたんに越します、
かと言って最低必要なものだけ購入なんてしたら それでは作れる商品もかなり限定されるものとなりますので、やっぱりここはリースしかないのかな?と思います。

お店も必要ですしね、最初は看板とか宣伝とか 驚くぐらいの出費も覚悟しなければいけないので、

これらを全部ひとりでやろうとすると、ケーキを焼いている時間なんてありません
ですからホント頑張って応援してあげて下さい。

それともう一つ商売の基本は投下したお金を3年で回収しなければいけません
(これが基本です、)
3年やって回収できる計画もしっかり立てる必要があります。

tan********さん

2017/11/1114:06:58

他の方も書いていますが、資格なんぞはそれほど力を入れる必要もないことですし、会計も税理士にお願いすれば済む事ですし、自分でやるにしてもPCソフトに頼れば簡単です。

経営に関する知識考えなどもとても大事ですが、その中でも最も大事なことは「営業」です。どうやって注文を得るか?ということですが、パティシエさんのショップであれば、集客と売上。要するに「お客様に来てもらい、買ってもらうにはどうしたらよいか?」という事です。

はっきり言いますが、ケーキ屋を開店するまでは、誰でも出来るのです。資金があり、必要な手続きをして会計など不足する部分に人の手を借りれるなら、誰でも出来るのです。

開店後、順調に経営していくことは、誰にでも出来ることではありません。言い換えれば一番難しいのがここです。

貴方自身がやるべきこととしてオススメするのは、まず貴方自身の目を養ってください。売れているケーキ屋、売れていないケーキ屋を何軒も訪ねて、何故売れているのか、何故売れていないのか、自分で分析し結論づけが出来る程度まで自分の目を養うのです。
そして同時に貴方の旦那さんの力量を見定めてください。バカ売れするような素晴らしい能力のパティシエなのか、それとも人並みのパティシエなのか、それとも。。。。。具体的に夢に乗り出すのは、それからですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる