ここから本文です

先日、無事弁理士試験に合格致しました。

pat********さん

2017/11/1113:13:59

先日、無事弁理士試験に合格致しました。

質問に答えて頂けたことが大きな力となりました。本当にありがとうございました。
これからも一弁理士として精一杯頑張りたいと思います。

質問なのですが、今までこのYahoo知恵袋にて特許法等の質問をしてきましたが、時折、特許庁に直接アクセスして確かめました。という解答を受けました。
このように、法律の文言の意味などを特許庁に直接聞くことは誰でも可能なのでしょうか?それとも解答者様が単にそのような立場におられるだけなのでしょうか?
よろしくお願いします。

閲覧数:
310
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ben********さん

2017/11/1606:33:12

合格おめでとうございます。


法律の文言の意味などを特許庁に直接聞くことは誰でも可能ですが、あくまで実務の内容に限られ、弁理士試験の内容について質問することはNGですね。

特許庁のサイトにも、

「なお、試験問題及び解答について、試験委員及び事務局への個々の問合せには一 切応じませんので、御了承ください。」

との記載があります。

参照:http://www.jpo.go.jp/oshirase/benrishi/kako/mondai/h29benrisi_tan.h...


また質問をして回答が得られたとしても、その回答が正しいとは限りません。


弁理士としては、特許庁(一担当者)の見解に盲従することなく、

「終局判断は司法的にしか明らかにならない」

というスタンスで臨むことが重要だと個人的には考えています。


依頼者の利益と産業の発達(公益)の両方を満足させる仕事をすることが理想ですね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kor********さん

2017/11/1214:00:44

一応聞くことが出来ますが、特許庁も色々な組織に別れておりまして、特許庁の内部事情に詳しくなく、何処に聞いたら良いか分からない状態では、手間取りますね。

それに、回答してくれるひとのレベルも違いますので、対話がうまく繋がらないと、不覚をとることがあります。

実際、弁理士としての仕事をしていく場合に、細かい点については、問い合わせることは、頻繁に出てくると思います。そのうち、何処に問い合わせたら良いかは、段々分かってくるとは思いますが。

kur********さん

2017/11/1213:38:42

建前上、可能です。
法律が適用される対象である国民としての権利であると考えることもできるし、外国人であっても、日本の特許制度の範疇にはいることもあるので。
ただし、皆、仕事でやってるので、くだらない理由での利用は厳に慎んで欲しいとは思う。

hos********さん

2017/11/1115:28:06

あ、合格されたんですね。おめでとうございます。
よく、質問されてた方ですね。
先生もこれからは、回答者としてご活躍してください。
本質問は、私ではありませんので、直接回答できませんが、自分でやった商標出願で拒絶理由をもらったときに、意見書書くとき、条文の解釈のことで疑問があり(逐条解説には載ってない細かい部分)、審査官の方にいろいろ質問したら、詳しく特許庁の見解を教えてもらいました。
なので、誰でも教えてもらえるんじゃないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる