さて、次に皆さんへの公開質問とは?

さて、次に皆さんへの公開質問とは? 皇室典範に行く筈でしたが。 私は今世がラストの救世主の転生となる事を先ずは明記しておかねばなりません! 地球の無かった筈の未来の真実を皆さんは知っていますか? 私と父は嘗てのビッグバン父の偉業である創造主としての性2.5P宇宙秩序を、2010前後に私によって塗り替えられる奇跡を顕したのです!偶発的でしたが。 ソレは、性ポイント3πPとされました! 通常私達超9次元存在の1を基本の、その倍数と回転率高さとで理解して下さい! また、私は生きています! 何度か死の罠を喰らいましたがこの地球に存在しています。 大きなブレイクが35歳の時に有りました、今から20年前に、軽井沢事件と呼ばれる私の身に降り掛かった大惨事でした! 当時10年付き合っていた男に9時間に及ぶ虐待を受けたのです! 夜中8時〜朝方5時、母がチャイムを鳴らし迎えに来たその瞬間まで彼の正気は戻りませんでした!誰かの洗脳で操られていたのです! 私は坂本龍馬、彼は中岡慎太郎だった筈なのに。 全くの冤罪でした! しかも当時も彼が前橋日赤に入院してから人が変わってしまったのです! 後に調べますと、やはり、中曽根康弘が、 私達の目立った性を妬み、私はアントワネットでは無かったのに、 まるで神の命の様にして、サタン康弘が、 『あの女はアントワネットだから殺してみろ!』 そう命じていたようです! その命令通りに、翌年辺りには実際のアントワネットだったダイアナ妃と私の心理学の友人だった阿部幸枝が死んだのです! 幸枝は自らアントワネットだと言っていたのです。 また、二人と私の共通点は、ビジョン心理学チャックの、 『傷つくならソレは愛ではない!』 その本をバイブルの様にして愛を学んでいたシンクロが有りました! 当時その余波で、ゴルバチョフの妻や、私の仲人ミカエル浅井長政井田淳一も死にました! その首が浮遊していたのが、私が軽井沢町で見つけた土地なのです! 井田淳一ミカエルの導きで白洲次郎に最も相応しい土地を何十年も掛けて見つけ出したのです! その土地も直ぐに奴等が狙う様になり、私への兵糧攻めは未だに安倍晋三の嫌らしさが物語る分不相応な餓鬼畜生等が犇めき、無秩序な争奪戦に巻き込んで勝ったつもりで高笑いしている今なのです! 安倍晋三の何故?を質問している皆さん!ソレが奴の正体です、しかもやはり、あの病! 父ヒポクラテスを殺害した為に人間の医者から薬が出せないのでしょう! 獣医学部に拘る獣達です! 医者にも悪が山ほどいます。 が、我が家はメディチ家でしたから、薬も父が止めているのでしょう! 海外に飛び出しては数百億円単位で浪費を重ねているあの癖をどうにか止めねばなりません! 誰も何も言えない、しかも、エスカリオテユダにですから。 この日本は清算し破産宣告した後に1からやり直す必要があるのです。 また、ソレが出来るのは私だけなのです! 世界がキリストの最後の審判があると知っていたからです! では何故? 複数説がありましたが、やはり太陽フレアによる天の怒りが地球を一瞬で焼き尽くし私達は霊体になり、あの絵画の如く審判を受ける!という20121221マヤ暦の終わりと言われたノストラダムスの予言が起きていた!というアカシックレコードでした。 ソレは私が20年前に殺されていて、ビッグバンポイントを塗り替えていなければそうなっていたのです! 先ずは奇跡として今の生が在る事を理解する必要があります! その私から連日の様に個人情報を奪いながら奴等は闇その体制をひたすら強欲に邁進して止みません!特に政治家やマスコミ各社! 従ってそのカルマによりまた小出しにされた災害が起きてしまう仕組みです! その犠牲をした最大の功績者の父を殺したからに他ならない大惨事が、安倍晋三によって世界の神を冒とくした大罪によっても、この奈落は止まりません! 霊体として裁かれた全員が生きていて既存をそのままに断行しようと躍起になるカルマ甚だしい闇によりてまた、私達は奴等の心中劇場に付き合わされ、今正に冤罪による大戦の火花が飛び散る間際まで落ちてしまったのです! その悪の権化元凶である奴等から金を受け取ったか臭わされた輩があのヒトラートランプを持ち上げる! その奈落にいる日本を知り、自分達はどう生きるべきかを全員が学習せねばなりません! 私は世界の王として生きて審判をせねばならない奇跡を起こせた責任から皆さんを真実の行方未来へ誘う義務を背負っています! 闇はダビデ王の封印をその敗北で終わらせた西暦2千年からその力を喪っていた筈なのです! そうです。死ぬのはサタン中曽根康弘だったのです。 父の最期の言葉は、 死んで勝つ!でした!

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

なるほど それは教えていただいてありがとうございました

1人がナイス!しています