ここから本文です

FPに保険で資産運用をすることを進められ、興味を持ったのがありましたが、手を出...

アバター

ID非公開さん

2017/11/1122:29:03

FPに保険で資産運用をすることを進められ、興味を持ったのがありましたが、手を出していいのか判断下さい。

200万円単位で運用。オーストラリアドルの為替取引で目標金額が決めて、達成すると満期となる。運用はアクサ生命だったかな?外資の有名どころ。最低1年は預ける必要があり
目標を達成しなければ何年も寝かせることになるが今までの実績では低い目標ならぼぼ1〜3年で満期。5パーセント単位で目標は105%〜200%まで設定可能。手堅く行くなら110%〜120%を少ない年数で回すのがオススメらしい。為替なのでもちろんリスクはあり。
どうでしょうか? こういう場合の保険も控除対象になりますか?

閲覧数:
96
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

boo********さん

2017/11/1209:17:56

まあ、相手もビジネスですからね。

まず質問者様に保険が必要なのかどうかを考える。必要なら、その勧誘された商品が妥当なものか検討する。必要でなければやめてコストの安い外国投信でもやった方がよい。

目標をたてることで売りそびれがないと考えがちですが、目標達成型の変額個人年金保険は実はここが一番のワナ。105%で達成したら新たに保険の更新の際に、新規契約扱いになるので保険会社に再度アホみたいな契約料が入ります。目標を200%とかにしておけば多少なりとも複利効果も期待できる。

まあ、金融機関のエサ商品なんで再考されたら?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

vio********さん

2017/11/1123:23:10

私なら、普通にお断りします(笑)

ちょっと裏話をば

一言でFPと言っても、FPには二種類、
営業をするFPと、非営業FPがいます
前者はFPの皮を被った営業のための金融マン、
例えば保険を売ってその保険を扱っている保険会社などから手数料収入を得ることを生業とするようなFPです
対して後者は、商品は売りません
顧客の目線で、顧客のために商品の説明はしますし、その顧客に合わないような商品をわざわざ勧めません
何故なら、FPには本来強い倫理観とFiduciary Dutyが求められるからです
そもそも、FPというのは言わばお金に関するお医者さんであり、
顧客のリスク許容度も含めてしっかりとヒアリングしながら商品の性質を理解させるのが仕事です

今回の例では、どちらのFPに思いますか?
私は営業をするFPにしか思えません
商品の性質も、外貨預金の皮を被った、単なる一種の投信擬きです
為替なのでリスクあり?
たった10%や20%の利益と引き換えに為替リスクを顧客が丸被り?
いえいえ、ならばそのリスクも最大限ヘッジできるようなオプションくらい仕込んでおけよバカヤロウ、というお話です
顧客側として言うなら、リスクプレミアムに見合いません
それとも、一切の付加保険料をとらずに善意で頑張って運用してくれるんでしょうかね?
・・・具体的な商品の内容を存じ上げませんのでどうとも言いようがない部分もありますが

私なら保険料控除とかそんなことは関係無く契約しません
もっと普通の、無難で自分で理解できる保険を契約します
そんな私も一応はFP資格保有者ですので、そのFPさんに向けた辛口な意見でした

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる