ID非公開

2017/11/14 21:49

33回答

延命治療は虐待であるという観点で世論を固めていけば今のいたずらに延命治療する現状は改善されるのでしょうか?

回答(3件)

0

これからは延命を望まない本人の意志と家族の了解が明確くに分かる書類を作り医師に提示する様になれば、いいんじゃないですか。

0

うちが、今、その状態なので、お話します。 母親が大動脈瘤から人口血管手術をしました。嚥下機能が低下してしまいましたが、一時的にはしゃべれ胃婁で転院という話でしたが、容態が、急変して、意識がなくなり、意識は戻りましたが、人工呼吸器と、自発的呼吸で、なんとか生きている状態で、先生からは、気管切開を言われましたが、正直これ以上くるしめたくなく、DNRを選択して、先生に伝えました。また嚥下機能が低下しているために、胃婁も言われました。 DNRというものが、ありますので、確かに延命治療に多少は改善されたのではないでしょうか。

1

延命治療=虐待とのお考え、わかります。絶飲食で、点滴や経管栄養で命を繋ぎ、呼びかけにかすかな反応を示す寝たきりの方が、一体何万人いらっしゃるのでしょうか。見ている家族も辛いはず。昔ならとうに命絶えていたのに、医療の進歩で治すことはできなくても、生かすことができるようになりました。そのため、何もせずに臨終してしまうと、見殺しにするような感覚になってしまうので、できることはしようと今のような延命治療が行われているのだと思います。 私も、もし家族が治療をやめたら亡くなる状態になったら、たとえ本人の望んでいない延命になっても、治療をやめてほしいと言える勇気が果たしてあるか‥ 生かせることができるようになった時代です。延命は虐待という世論を広めるより、意思表示できなくなったときにどうしてほしいかの意思表示を、元気なうちにしておくべきということを常識化してほしいです。延命治療を望む人は少ないでしょうから、現状は随分と変わるはず。 延命治療を無意味とは言いません。しかし、かろうじて生きている大切な人を見て、これでいいのかと心を痛め葛藤している人が今も存在しています。延命治療については、もっと社会で話し合うべき議題だと思います。 ちなみに私は、親にはおたくらの延命治療をするつもりはない、いざというときははやく息絶えて、と伝えています。親も「当たり前よ、絶対そうして。」と了承しています。あとは私が勇気をもって治療を拒否できるかです。

1人がナイス!しています